診療科・局・施設のご案内

検査科

一般検査室

 尿は、腎臓で血液がろ過されて作られます。そのため尿の中には、血液中の成分と排出されるまで通った腎臓・膀胱の細胞が、ごくわずか含まれます。しかし病気になると、これらが増えたり、濁ったり、色や尿量などが変化したりします。

 一般検査室では、早く正確に検査を行い、診断につながる情報を提供しています。

主な業務

 尿の成分を機械で測定し、尿中の細胞を顕微鏡で見て調べます。

検査方法

①患者様から採取した尿を、試験紙を使用した全自動尿分析装置で測定します。
 測定項目はPH・タンパク・糖・ケトン体・赤血球・白血球・細菌などの12項目で、わずか2mlでも検査可能です。
 尿の成分に反応した試験紙の色の変化を、装置が自動的に測定して結果を出します。

全自動尿分析装置白っぽい色だった試験紙も、尿と反応するとこんな鮮やかな色に!

 

②次に、尿中の細胞を見る検査の準備をします。
 尿を試験管に入れ、遠心分離機にかけると、細胞成分などが下に沈みます。
 それを専用の染色液で染色します。

遠心分離機紫色の染色液を入れると、顕微鏡で観察しやすくなります。

 

③顕微鏡で観察して報告します。

顕微鏡で観察
尿で見られる細胞の一部です。

その他の業務

  • 便の潜血検査・シュミット試験
  • 髄液・体腔液の検査
  • 十二指腸液の検査

PAGE TOP