診療科・局・施設のご案内

検査科

病理検査室

業務内容

組織診検査 細胞診検査 術中迅速検査 病理解剖 分子病理学的検査

 患者さまから採取した組織を顕微鏡的に検索し、それがどのような病気であるかを診断します。

組織を瓶の中で固定① 病理組織標本の作製
 組織を顕微鏡で観察するためには、組織から標本を作成する必要があります。このために、まずホルマリンを組織に浸透させ固定します。
 この場合の固定とは、たんぱく質を変性させることで酵素活性を失わせて、酵素による組織の変質を止めて、ゲルやゾルの状態だった物質が完全に固体となることで形態が固定されることを意味します。


包埋センター 固定された組織を観察し、必要個所を2×3㎝薄さ5mm程度の大きさの組織片に切り出します。
切り出された組織片を、アルコールに浸けて脱水し、次いで包埋センターという装置を用いてパラフィンの中に包埋します。


パラフィンブロック パラフィンは摂氏45~60℃では液体ですが室温で固体になります。このため、包埋過程で組織はパラフィンとともに硬いブロックになります。


ミクロトーム ブロックになると、ミクロトームという機械で3~5μの厚さで薄切することができます、この薄い切片をスライドガラスの上にのせて、さまざまな染色を施すことで病理組織標本となります。

② 染色:観察したい細胞や線維によって染色法が選択されます、さまざまな疾患に対応した染色を行っています。

i 一般染色:通常、最初に行われる染色でヘマトキシリン・エオジン染色と言われています。

×10
一般染色 ×10
×40
一般染色 ×40
核:青藍色 細胞質:鮮紅色 軟骨、細菌、石灰化物:青藍色 結合織、筋組織、赤血球:紅色

ii 特殊染色:各染色で目的の物質がわかりやすくなるように染色されます。

PAS染色
特殊染色 PAS染色
グリコーゲン、糖蛋白など:赤紫色
アザン染色
特殊染色 アザン染色
膠原線維、細網線維、腎糸球体基底膜:青色
核、細胞質、筋線維:赤色
エラスチカ・ワンギーソン染色
特殊染色 エラスチカ・ワンギーソン染色
弾性線維:青黒色 膠原線維:赤色 筋線維:黄色
銀染色
特殊染色 銀染色
細網線維:黒色 膠原線維:赤色
PAM染色
特殊染色 PAM染色
腎糸球体基底膜、細網線維:黒色
マッソントリクロム染色
特殊染色 マッソントリクロム染色
膠原線維、細網線維、腎糸球体基底膜:緑色
細胞質:淡赤色~赤紫色
グロコット染色
特殊染色 グロコット染色
真菌の菌壁:黒紫色~黒褐色
ベルリンブルー染色
特殊染色 ベルリンブルー染色
ヘモジデリン:青色 核:赤色

iii 免疫組織化学:抗原抗体反応を利用して組織中に存在する抗原を可視化する染色方法です。酵素抗体法と蛍光抗体法をおこなっています。

a 酵素抗体法:あらかじめ酵素を結合させた抗体を組織中の目的の抗原と結合させます、その後、酵素と基質と反応させ反応物として茶色い色素が沈着すると通常の顕微鏡で観察することができます。

b 蛍光抗体法:あらかじめ蛍光色素を結合させた抗体を組織中の目的の抗原と結合させることで、特別に蛍光を見ることのできる顕微鏡で観察することができます。

酵素抗体法
免疫組織化学 酵素抗体法
蛍光抗体法
免疫組織化学 蛍光抗体法

③ 鏡検:上記のように染色された病理組織標本は病理医(病理診断科)に提出され、病理医による鏡検の結果どのような病気であるか診断されます。

 患者さまより採取された髄液・喀痰・尿・胸水・腹水の中に含まれる細胞から標本を作製し、顕微鏡下で形態異常の検索や良性細胞と悪性細胞の鑑別をします。

① スライド塗末:検体の性状により塗末にはいくつかの方法があります。
  捺印塗末法:綿棒等で採取された検体、組織塊
  すりあわせ法:喀痰
  引きガラス法:液状検体、洗浄液
  オートスメア法:細胞数の少ない液状検体

② 固定:固定には湿固定と乾燥固定とがあり、目的とする染色法によって使い分けます。

③ 染色:検査の目的によって染色法を選択します。

パパニコロウ染色
×4
パパニコロウ染色 ×4
×20
パパニコロウ染色 ×20
扁平上皮細胞・好中球
エオジン染色
エオジン染色
好中球・好酸球
ギムザ染色
ギムザ染色
白血病細胞

クリオスタット 外科医が手術中に診断を知り、その結果によって切除範囲や手術方法を決定しなければならない場合があります。このような時に行われるのが術中迅速診断です。
 手術中に採取された組織を凍結させ、クリオスタットという特別な装置で薄切し、簡略化した染色を行います。
 検体採取後10分程度で診断できます。

 病院内でお亡くなりになった患者さまの死因究明を目的とする解剖を病理解剖と云います、体内の変化を見つけ出し、それを診断や検査結果と照合することで、診断の適否や治療の効果の判定、病変の進行度の判定などを行います。
 病理解剖して原因を検討することで、さまざまな角度から病気の理解を深めることができます。
 当センターの剖検率は20~30%で、全国の病院の中でも高い数字です。

 主にある特定の遺伝子を検出するために行われる検査です。
 遺伝子を構成する核酸には、DNAとRNAがあり、DNAはアデニン(A)、グアニン(G)、チミン(T)、シトシン(C)の4種類の塩基が鎖のように連なっています、RNAではチミンの代わりにウラシル(U)が入り、同じく4種類の塩基が鎖のように連なる塩基配列を持っています。これらの塩基は相補的に、アデニンはチミンもしくはウラシルと、グアニンはシトシンと水素結合する性質をもっています、このため一本鎖の状態の核酸は、相補的な塩基配列を持つ一本鎖の核酸と特異的に塩基同士が水素結合し二本鎖を形成します。この時に片方の塩基配列が分かっていればそれと結合したもう片方の塩基配列も分かります。
 この性質を利用して特定の遺伝子を検出するのが分子病理学的検査です。
 当センターでは分子病理学的検査法(ISH,FISH,RT-PCRなど)を用いて、小児固形腫瘍に特徴的な遺伝子異常(融合遺伝子や遺伝子転座)の検出やウイルスの遺伝子の検出を行っています。

FISH法の顕微鏡画像 RT-PCR法の泳動画像

PAGE TOP