診療科・局・施設のご案内

検査科

輸血検査室

 血液は、赤血球、白血球、血小板などの細胞成分と、たんぱく質やホルモン、凝固因子などが含まれた液体成分(血清または血漿)からできています。

 輸血はこれらの成分が出血や疾病により量の不足や機能の低下が生じた際に、不足している成分を直接体内に取り入れ、補う目的で行われます。

 輸血検査室では、輸血に伴う検査と、輸血に使用する血液製剤の管理を行っております。

輸血に伴う検査

  • 血液型検査:
    患者様のABO式血液型とRhD因子を調べています。
  • 不規則抗体検査:
    患者様血清中に、輸血副作用の原因となるような抗体がないか調べています。
  • 交差適合試験:
    輸血を行う際に、使用する血液製剤と患者様の血液が反応しないか(副作用を起こさないか)確認の為の試験となります。

血液型検査(A型(+)の例)
血液型検査(A型(+)の例)

安全な輸血の為に

  • 血液製剤は使用時まで輸血検査室にて一元管理しています。また、保管用の保冷庫は温度監視警報通知システムを用い、24時間温度管理しています。
  • 交差適合試験後の血液製剤は、一患者様一ラック、一製剤につき一枚の輸血確認票(名札)をつけ、保管時の取り違えを防いでいます。
  • 病棟への受け渡し時には、出庫者と受領者の二名で、声を出し合って読み合わせを行い、適正な血液製剤であることを確認し合っています。

保管用冷蔵庫と冷凍庫
保管用冷蔵庫と冷凍庫

PAGE TOP