診療科・局・施設のご案内

形成外科

 ※ 本ページに掲載している写真は、全て患者・ご家族の了解を得て掲載しています。

主な取り扱い疾患

 口唇口蓋裂、頭蓋顎顔面症、他

はじめに

 先天異常、特に口唇口蓋裂が多く、受診患者は神奈川近隣だけでなく全国から紹介されます。手術術式を含めて独自のシステムをとっており、成人までに最小手術回数(片側及び両側完全唇顎口蓋裂で1~3回)ですみます。顎の発育・言語成績ともに良好で、当センターの特徴の一つである他科(新生児科、耳鼻科、言語治療科、歯科、ソーシャルワーカー、保健師等)とのチームアプローチを重視した集学的治療を行っています。また、クルーゾン病、アペール症候群やトリーチャー・コリンズ症候群などの先天性頭蓋顔面疾患、顎変形症に関しても最新の方法(骨延長法など)を用いています。他にも小耳症において安定した成績を挙げています。

 口蓋裂の手引き 2010年度版を作成しましたので是非ご覧下さい。

口蓋裂の手引き 2010年度版

 

口唇口蓋裂

症候性頭蓋縫合早期癒合症

小耳症

クルーゾン症候群やアペール症候群など、症候群性頭蓋縫合早期癒合症の原因と症状

症候群性頭蓋縫合早期癒合症の低侵襲手術-2種類の固定器具を装着する骨延長法

口唇口蓋裂とは?出生前診断から治療まで

PAGE TOP