診療科・局・施設のご案内

肢体不自由児施設 活動報告(平成31年1月)

肢体不自由児施設のページに戻る

雑貨2

平成31年1月の出来事

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。
肢体不自由児施設では、入口の黒板に子どもの作品で新年の挨拶をしています。
今年は、りんちゃん作「迎春」です。
手書きで、一生懸命書いてくれました。

今月は施設での遊びを紹介します。
肢体不自由児施設 りんちゃん作「迎春」
・アクアビーズ
小さな色付きのビーズを並べて、最後に水を吹きかけるとあら不思議!完成します。
今、流行っているのはマリオのキャラクター作りです。
肢体不自由児施設 アクアビーズ
・人生ゲーム
幼児から中学生まで幅広く楽しんでいます。
ゲームを楽しむよりも、銀行を好む児童もいます。
なりたい職業の人気は、パティシエでした。
肢体不自由児施設 人生ゲーム
・お人形あそびやカプラ
カプラは、平べったい板を積み重ねて作品を作りだします。崩れていくときの音が心地よい音を奏でます。

・ゲーム
ひとり一台持っています。
通信して、楽しむ姿があちらこちらに見られます。
肢体不自由児施設 お人形あそびやカプラ
・院内散歩
保育の時間や夕方の散歩のときに、4階にある図書室に行くこともあります。
本を借りることもできるため、本を借りて夜寝る前に読み聞かせをしている姿を見かけます。
肢体不自由児施設 院内散歩
屋上に行くこともあります。
冬の屋上からは、富士山が綺麗に見ることが出来ます。
肢体不自由児施設 屋上
外から帰ったら、手洗い・うがいをしっかり行っています。幼児さんもとても上手にうがいをすることが、できています。 肢体不自由児施設 屋上

こどもたち2

肢体不自由児施設のページに戻る

PAGE TOP