診療科・局・施設のご案内

言語聴覚室

 言語聴覚室ではことばや聞こえについて心配なお子さんに対し、検査・訓練・家族の方へのアドバイスを行っています。受診のご希望があれば、主治医の先生にご相談ください。

次のような心配があるお子さんがいらしています

言語発達遅滞

 2歳過ぎてもことばが出てこない、周りの人のことばを理解できない・・・等

聴覚障害

 呼びかけや物音に反応しない、聴こえが悪い、補聴器をすすめられた・・・等

構音障害

 ことばがはっきりしない、カ行がタ行になってしまう・・・等

口唇口蓋裂

 声が鼻に抜ける、発音がはっきりしない・・・等

吃音

 音を繰り返す、音を伸ばす、つまってことばが出てこない・・・等

学習障害(LD)

 文字の読み書きが苦手・・・等

内容

評価

  • 聴力検査・言語発達検査・構音検査・吃音検査などを行ない、お子さんのことばや聞こえの状態を評価します。
  • 6か月以下のお子さんに対し新生児聴覚スクリーニング検査も行っています。

訓練

  • ことばの理解や表現を促すための訓練、舌の使い方を教え正しい発音を教える訓練、流暢に話す訓練などを個別に行います。1回が30分から40分です。
  • お子さんの聴力に合った補聴器を選択し、調整します。

アドバイス

 家庭でのかかわり方についてご家族にお話します。必要に応じて幼稚園や学校の先生とも連絡を取り合います。

幼児用聴力検査装置
幼児用聴力検査装置
検査・訓練室
検査・訓練室
音が聞こえたときにボタンを押すと
機関車が走ります。
カードやはめ板を使用し、ことばの
検査や訓練を行います。

PAGE TOP