診療科・局・施設のご案内

リハビリテーション科

【リハビリテーション科診療の概要】

  • 当科診療の対象は、当院の他科で医療管理が行われている患者さんです。
    当院での包括的な医療の一環としてリハビリテーション(理学療法、作業療法)を行っています。
  • 当院の他科からの依頼(入院または外来での院内併診)により、必要に応じて早朝から開始、機能改善や発達の促進等を行っています。
  • 病状の安定した外来通院患者さんは、地域での生活や社会参加等に向けて、県立総合療育相談センターや各地域の療育機関等にご紹介しています。

【診療の主な対象】

  • 様々な疾患に伴う運動障害や発達の遅れ(脳・神経疾患や脊髄疾患、先天性疾患など)
  • 様々な疾患の治療等に伴う廃用性障害(小児がんなど)、呼吸の障害 など
  • 発達に影響する可能性がある要因を持つお子さま(極低出生体重児など)

【診療の内容】

  • 運動障害や発達状況の評価
  • 理学療法・作業療法の処方(発達支援、機能の改善や障害に応じた生活や活動の支援等)
  • 補装具(装具、車椅子、座位保持装置等)作製 など

理学療法科

 理学療法(PT)は、お子様の年齢や状況に応じて運動発達や身体機能の改善を支援します。
 詳しくは次の理学療法科のページをご覧ください。

作業療法科

 作業療法(OT)は、お子様の発達(手の操作・認知面など)の支援、身体機能や日常生活動作の改善を支援します。
 詳しくは次の作業療法科のページをご覧ください。

PAGE TOP