診療科・局・施設のご案内

リハビリテーション科

 脳疾患や脊髄疾患、先天性疾患などの病気による発達の異常があるお子さまや、原因ははっきりしないが発達に遅れがあるお子さま、また、発達に影響する可能性のある要因を持つお子さま(ハイリスク児)を対象としています。当センター各科に入院中のお子さまはもちろん、外来でも発達状況の評価を継続的に行い、障害の早期発見に努め、必要に応じて、保護者の方へのアドバイスや、発達を援助するための理学療法(PT)や作業療法(OT)の導入、補装具の作製などを行っています。病状の安定した外来通院患者さんに対しては、県立総合療育相談センターや、各市町村の地域療育機関への紹介を通じて、できる限り居住地域での療育が受けられるよう努めています。義肢・補装具・車いす・座位保持装置などの紹介や作製を行っています。

理学療法室

 理学療法室は、特に運動機能の発達を援助しながら、お子さまの全体的な成長を助け、将来的な社会生活の自立を目指しています。
 詳しくは次の理学療法室のページからご覧ください。

作業療法室

 上手に遊べなかったり、不器用・落ち着かない・字が上手に書けないなど幼稚園や学校生活で、また、食事・着替え・排泄などの日常生活の中で気になったりお困りのことはありませんか?
 作業療法(OT)は、それぞれのお子さまの様子を見させていただき、今困っていることや将来にわったての生活について配慮した治療、援助を行っています。遊びを中心としたいろいろな作業活動を利用しますので、無理なく楽しくすすめていきます。
 詳しくは次の作業療法室のページからご覧ください。

PAGE TOP