診療科・局・施設のご案内

放射線科

放射線科の業務

 放射線科の仕事は、大きく診断と治療に分かれます。
 放射線診断は、画像診断とも呼ばれ、X線を使った単純X線撮影、CT検査、透視・造影検査や放射性同位元素を用いた核医学検査から得られる画像だけでなく、放射線を使わない超音波検査(US)やMRI検査での画像を総合的に判断し、放射線診断専門医が病気の診断を行います。
 画像診断に用いられる検査法には、それぞれ長所と短所があり、知りたい目的によって検査法を選択する、あるいはいくつかの検査法を組み合わせて病気の診断を進めます。
 放射線治療は、主にがんの治療として行われ、外科手術、化学療法とともに小児がんの集学的治療の一翼として大きな役割を担っています。放射線治療装置を備え、放射線治療専門医が診療科からの質問・相談に対して専門的な助言をするとともに、治療計画や実際の治療を行っています。
 電子化された画像データは、PACSと呼ばれる画像保存通信システムに保存され、病院内の様々な場所(診察室や病棟、読影室など)で閲覧可能で、迅速に診療に用いられます。放射線診断医はこの画像データをもとに診断報告書を作成し、その内容も電子データとして保管され、必要な場所で閲覧されます。画像の読影、報告書作成は放射線診断医の主な仕事の一つですが、検査の適応や、目的に合わせた適切な検査法の選択について主治医や担当医と協議したり、適切に必要な検査が行えるよう放射線技師と協力して、「最小の侵襲で最大の情報を得る」をモットーに、チーム医療の一員として迅速な診療に寄与できるよう対応しています。また、定期的あるいは臨時に行う他科医師とのカンファレンスも重要な業務です。
 画像診断、放射線治療ともに院内からの依頼を原則としていますが、院外からの相談症例に対しても可能な限り対応しています。

画像検査について

 病気の診断のために行われる画像検査には様々な種類があります。X線を使った検査(単純X線撮影-レントゲン撮影-、CT検査、透視・造影検査、心臓カテーテル・血管造影検査)、放射性同位元素を用いた核医学検査(RI検査)、放射線被ばくを伴わない検査(超音波検査、MRI検査)に大きく分類されます。 これら各検査法には、それぞれ長所・短所があり、得られる情報にも違いがあります。そのため、知りたい情報を得るために適した検査法を選択し、診断に役立てています。
 CT検査やMRI検査、RI検査などの特殊検査は、画像から得られる情報が多いですが、検査中に動かずにじっとしている必要があるため、小さなお子さんの場合には薬を使って眠った状態で検査を行うことがしばしばあります。正確な診断のために必要なことですが、できるだけ薬を使わないで検査が行えるように、検査中の固定の工夫や、音楽を聴いたりDVDの映像を見たりするなどの工夫をしています。
 超音波検査は、多少の動きがあっても検査を行うことができ、放射線被ばくのない有用な検査法です。ただし、泣いて暴れてしまう状態では他の検査と同じく適切に診断することは難しいため、検査の目的によっては1-2歳の小さなお子さんは眠った状態で行うことが必要な場合があります。ご両親と一緒にDVDを見ながら検査をするなどの工夫で、できるだけお子さんへの侵襲が少ない状態で検査ができるようにしています。
 検査のための被ばくは、病気の診断や治療に欠かせないものですが、できるだけ少ない被ばくで診断に必要な情報を得るよう、放射線科医師・放射線技術科技師は常に努力しています。

CT撮影装置
CT撮影装置
超音波検査室
超音波検査室
MRI撮影室
MRI撮影室
検査室や撮影装置には、子供たちの不安が 少なくなるよう、明るく楽しい雰囲気にしています。

アンパンマンなどのDVDを見ながら検査を受けるなどの工夫もしています。

眠った状態で検査を行う場合は、安全に検査が できるように、モニターでの観察などを行います

PAGE TOP