診療科・局・施設のご案内

放射線技術科

 放射線科の撮影・検査室では、一般のX線撮影のほかに、CT検査やMRI検査などを行っています。各撮影・検査に用いる装置が大きくて、お子さまたちが不安に思うかもしれませんが、安心して撮影できるように各室ごとに色々な工夫がなされています。

一般X線撮影室

 胸部・腹部から骨など、体のあらゆる部分が撮影の対象になりますが、正確な撮影を行うには、体位をしっかり決めて撮影を行う必要があります。
 小さなお子さまでは、撮影中に"じっと動かず"にいることはむずかしいことです。お子さまに応じて2?3人の技師がときにはビデオを見せて視線を目的方向に向かせながら、短時間に確実で安全な撮影が行われるよう心掛けています。
 また、X線撮影では、放射線被曝が最小になるよう常に心掛けております。

一般X線撮影室1 一般X線撮影室2

CT検査室

CT検査室 320列CT装置が設置されています。頭部、体幹部など、全身短時間での撮影が可能です。被ばく低減ソフトを併用することにより、更なる被ばく低減を目指しています。CT室内は、明るく清潔で、ドーナツ状の本体には魚たちが泳いでいて、まるで水族館のようです。また、好きな音楽を聴きながら検査ができ、お子さまも安心して検査が受けられるようになっています。

MRI検査室

MRI検査室 MRIは磁気を応用した画像検査で、いろいろな角度から身体の断面を細かく観察できる大きな利点を持っています。また、放射線を使わないため、小児の診断に大きく貢献しています。当院では1.5テスラと3テスラの2台の装置で検査を行っております。

 X線検査と比べて撮像時間がやや長いため、睡眠剤を必要とする事も多くあります。この場合は、TVモニタで観察し、患児の安全性に十分注意して行っております。

カテーテル検査室

カテーテル検査室1 心臓カテーテル検査を中心に行う検査室です。循環器系の心血管疾患には、なくてはならない検査装置であり、カテーテル検査室2インターベンション(カテーテル治療)やハイブリッド手術も行われています。

RI検査室

RI検査室 核医学(RI)検査は、微量の放射性物質(ラジオアイソトープ:RI)を含む薬を用いて病気を診断する検査です。一度の検査で形態および機能の評価が行える特徴を有します。また約30分の検査時間で、骨系統疾患や腫瘍病変の全身検索も可能です。

リニアック室

リニアック室 X線、電子線を用いて悪性腫瘍などの治療をしています。小さいお子さまには睡眠剤を使用することもありますが、治療中は常に数台のモニターで患者さんの状態を観察しており、安全性に十分注意しています。
 また、室内には患者さんの好きな音楽やDVDを流すことが出来、全身照射などの長時間の治療でも快適に受けられるよう工夫しています。

骨密度検査室

骨密度検査室 骨密度検査(骨塩定量)は、骨量の変化などを調べる検査です。腰の骨(腰椎)や太もものつけ根(大腿骨近位部)の骨密度を計測できます。検査には少ないX線を使用しており、仰向けにベッドに横になるだけで、痛みもなく測定できます。
検査時間は数分から数十分程度です。

PAGE TOP