診療科・局・施設のご案内

理学療法室

 理学療法は、運動機能を通して、お子さんの全体的な成長を助け、将来的な社会生活の自立を目指すお手伝いをしています。

  • 理学療法室は発達支援科に所属し、9名の理学療法士が勤務しています。
  • 理学療法室では、センタ-内の全ての病棟・肢体不自由児施設・重症心身障害児施設及び外来に対応しています。
  • 理学療法の対象は、新生児から18歳頃までで、生まれつきの病気や中途障害により、呼吸や哺乳・食事に援助が必要な場合や、頸の座り・坐位・歩行等の運動発達の遅れや問題がみられる等、何らかの運動機能改善が必要なお子さんです。 脳性麻痺などの中枢神経疾患・二分脊椎などの脊髄性疾患・遺伝性疾患・ペルテス病などの整形外科疾患と、発達や運動機能に影響を与えるあらゆる疾患を対象にしています。
  • 必要に応じて、各種の車椅子・姿勢保持装置・カ-シ-ト・義肢・補装具の作製も行います。

2014年度 神奈川県立こども医療センター理学療法・作業療法研修会

 「脳性麻痺児の整形外科的手術と手術後のリハビリテーションについて」公開講座

 

理学療法室1 理学療法室2

PAGE TOP