診療科・局・施設のご案内

新生児科

 新生児科は,生まれてすぐから問題のある赤ちゃんを診療しています。産科の先生からご紹介を受け,外来受診なしに直接NICUに入院していただき診療します。重症の場合には専用救急車にて医師がお迎えに行くこともあります。また胎児に異常が見つかった時は,お母さんを産科にご紹介いただきます。その結果,分娩をこども医療センターでしていただき,生まれてすぐから治療をおこなうこともあります。切迫早産など未熟児が生まれそうな時も,産科にお母さんを救急車で運んでいただいて,生まれた瞬間から赤ちゃんの治療ができるようにしています。1992年に日本で初めてこども病院に産科を併設して,生まれる前から産科の先生と協力しながら赤ちゃんの治療ができるようになりました。こども病院の様々な外科系内科系部門と協力しながら赤ちゃんの集中治療ができるため,先天異常を持つ赤ちゃんの入院が多いのが特徴です。残念ながらご紹介いただいた赤ちゃん全ての入院を受け入れられない状況ですが,必ず適切な病院をご紹介しています。また入院後落ちついて集中治療室から出た赤ちゃんは地域の病院に転院していただいています。

PAGE TOP