診療科・局・施設のご案内

肢体不自由児施設

 当センターの肢体不自由児施設は、四肢・体幹に変形、あるいは機能障害を持つお子さまが入所して、整形外科的治療、機能訓練(リハビリテーション)を行いながら、学校教育を受けられる施設です。
 職員は集団生活の良さを生かしながら、学校教育や治療訓練、生活支援を通じてお子さま達が自信を持って地域で生活ができるように支援しています。

入所について

 当センター整形外科外来の診察で、入所しての治療、訓練及び手術が必要と診断された方が入所します。入所中は、保育や日常生活支援及び学籍を移し、当センターに併設されている神奈川県立南養護学校の学校教育が受けられます。

利用契約入所

 医師の診断書をもとに、住所地管轄の児童相談所に障害児施設給付費・障害児施設医療費の支給申請を行い、支給決定を受ける必要があります。

看護部門

 24時間お子さまの生活に関わり、事故防止、感染防止に努め、安全な環境で手術を含めた治療やリハビリテーションが受けられるように援助していす。また、他の職種と連携して、一人ひとりのQOLの維持・向上を目指してお子さまやご家族の生活支援を行います。さらに安心して在宅での継続療養ができるように外来・保健師・訪問看護ステーションと連携をとっています。

生活支援部門

 生活支援は、生活支援課の児童指導員及び保育士が担当し、医療や訓練・学校の時間以外の生活全般を援助し支援しています。幼児保育をはじめとして個別支援、食事や入浴の介助、誕生会や夏祭りなど季節ごとの楽しい行事を企画しています。また、お子さまの成長を家族と協力し支えると共に、家族支援を行っています。退所後は地域でスムーズに生活が行えるよう児童相談所など関係機関と連携しています。

機能訓練部門

 発達支援科の理学療法士(PT)・作業療法士(OT)が担当しています。多くのお子さま達は、手術、治療を目的としていますので、手術前後の評価や治療、移動・食事・トイレ・着脱等の日常生活能力の改善、獲得を目指して機能訓練を受けています。理学療法(PT)作業療法(OT)は機能面だけでなく、人としての成長を援助するため、医師・看護師・児童指導員・保育士・教師とのチームでのアプローチも行っています。また自助具・装具・車・車椅子などの作成にも関わります。

肢体不自由児施設1
保育の様子
肢体不自由児施設2
卒園式
肢体不自由児施設1
アートワーク
肢体不自由児施設1
屋上庭園散歩
肢体不自由児施設1
ハロウィン
肢体不自由児施設1
節分

※ 写真は本人・ご家族の許可を得て掲載しています。

PAGE TOP