診療科・局・施設のご案内

臨床研究所

分子細胞病理研究部門

部門長 田中 祐吉 Yukichi TANAKA M.D., Ph.D.

研究領域

  1. 分子病理研究室
     形態学的診断を補い病態の本態を明らかにする分子病理学的検索を、主に固形腫瘍を対象に行います。免疫組織化学・FISH法・PCR法・RT-PCR法・DNA sequencing・microdissectionなどの技法を時代の流れに合わせ、随時取り入れて実用化しました。また固形腫瘍だけでなく非腫瘍性病変の多種類の検体を良好な状態で保存し、長期に保管する役割も果たしています。外部施設からの検索依頼にも応じます。
  2. 形態機能研究室
     当センター開設以来40年余りにわたり集積された病理資料をベースに臨床病理学的検索を行い、透過型電子顕微鏡による超微形態検索も通常業務と並行して多数の症例を対象に行います。全国的な小児腫瘍グループスタディーの中央病理診断を行い、国内・国際病理組織分類の制定に関わり、また外部施設からのコンサルテーションにも応じます。
  3. 現在の主な研究テーマ
    1. 小児腎腫瘍の診断マーカーの開発
    2. 小児胚細胞腫瘍の分子生物学的背景の検討
    3. 先天性嚢胞性肺疾患の病因に基づいた再分類の試み
    4. 小児脳腫瘍の分子生物学的異常の検討
    (田中 水緒)

PAGE TOP