診療科・局・施設のご案内

臨床工学室

 医療の現場には様々な医療機器があり、現代医療において必要不可欠となっています。また医療技術の進歩に伴い、医療機器は複雑高度化しています。
 医療機器の安全な運営を医師や看護師だけで行なうことはできないため、医療工学の知識を持った臨床工学技士が、医療機器の中でも生命維持管理装置(呼吸・循環・代謝の一部を代行又は補助する)と呼ばれる機器を主に操作及び保守管理を行っています。

 * 現在神奈川県立こども医療センターには5名の臨床工学技士が勤務しています。

臨床工学技士とは?

 臨床工学技士は、医師や看護師等と同様に国家資格となっています。国から免許を受け、医師の指示の下に生命維持管理装置の操作及び保守点検を行う者のことを言います。

こども医療センターの業務

  1. 手術室人工心肺装置
     心臓手術時に心臓と肺の機能を代行する人工心肺装置と、心臓と肺の機能の一部を代行する補助循環装置、人工透析また自己血回収装置の操作を行っています。また自己血回収装置、低圧持続吸引器、フットマッサージ器等の管理も行っています。

  2. 心臓カテーテル検査室心臓カテーテル検査機器
     心臓カテーテル検査時には各部位の血圧測定心電図の記録、血液サンプリングの介助を行っています。また検査、治療で使用するカテーテル類、機器類の管理も行っています。

  3. 病棟、医療機器中央管理MEセンター
     医療機器の多くはMEセンターで中央管理しています。人工的に換気を行う人工呼吸器や腎臓機能を代行する人工透析機器等の操作及び保守管理を行っています。他に心電図モニター・輸液ポンプ・シリンジポンプ・パルスオキシメータ・除細動器・低圧持続吸引器・フットマッサージ器等の保守管理も行っています。

PAGE TOP