外来のご案内

新しい命のためのサポートセンター

 「新しい命のためのサポートセンター」は、先天的なご病気、遺伝子が関係するご病気のあるお子様、ご家族のためのカウンセリング部門です。 現在こども医療センターを受診中の方も、受診中ではない方も、どなたでも相談することができます。 医師の紹介状は原則として不要です。
※ご相談の内容によっては、かかりつけ医の紹介状が必要な場合があります。

どんな相談ができるのですか?

 先天的なご病気、遺伝子が関係するご病気に関する以下のようなご相談が可能です。

どんな相談ができるのですか?

誰が相談に乗ってくれるのですか?

 専任の認定遺伝カウンセラーが電話で内容を確認してから、以下の外来のいずれかのご予約をご案内します。

  • 遺伝カウンセリング外来(担当:小児科臨床遺伝専門医、遺伝カウンセラー)
  • 妊娠前外来(担当:産婦人科医、遺伝カウンセラー)
  • 胎児相談外来(担当:産婦人科臨床遺伝専門医、遺伝カウンセラー)

※相談の一環として、胎児超音波精密検査も行います。
※現在、当センターでは「母体血を用いた新しい出生前遺伝学的検査」は行っておりません。
※妊娠中の方で、かかりつけの産婦人科医から胎児の精査を勧められている方は、かかりつけ医からこども医療センター産婦人科にご紹介の連絡をいただきますようお願いします。

  • 胎児心臓病外来(担当:小児循環器専門医、新生児科医、小児看護専門看護師)

※相談の一環として、胎児心臓超音波精密検査も行います。
※胎児心臓病外来はかかりつけの産婦人科医師からのご紹介が必要です。かかりつけの産婦人科医師からこども医療センター産婦人科にご紹介の連絡をいただきますようお願いします。

こども医療センターに通院中・入院中なのですが、相談に乗ってくれるのですか?

 通院中・入院中の方の面談も行っております。
 家族支援専門看護師・小児看護専門看護師が、診療科・病棟の枠を超えた支援を行います。 くわしくは、現在おかかりの診療科・病棟の担当者にお申し出ください。

手続きはどうすればよいですか?医師の紹介状は必要ですか?

 相談をご希望される方は、こども医療センター地域医療連携室(045-711-2351 内線3160)までお電話をください。医師の紹介状は不要です。

※妊娠中の方で、かかりつけの産婦人科医から胎児の精査を勧められている方は、かかりつけ医からこども医療センター産婦人科にご紹介の連絡をいただきますようお願いします。

新しい命のためのサポートセンター手続きの流れ

PAGE TOP