診療科・局・施設のご案内

内分泌代謝科

主な取り扱い疾患

 間脳・下垂体疾患、甲状腺疾患、服甲状腺疾患、副腎疾患、性腺疾患、他

内分泌代謝科の特色

 主として小児の内分泌疾患(ホルモンの異常)を診療しています。成長ホルモン分泌不全による低身長の診断治療に関して わが国のパイオニア的存在であるため、内分泌疾患に限らず、さまざまな原因(骨系統疾患、体質性低身長など)による 低身長・成長障害に関して紹介されてこられるお子さんも多くいます。成長ホルモン分泌不全をはじめとする間脳・下垂体疾患、 甲状腺疾患(機能亢進症、機能低下症)、副甲状腺疾患、副腎疾患(クッシング症候群、先天性副腎過形成など)、 性腺疾患(性分化異常、性腺機能低下症など)など、小児内分泌領域の疾患に広く対応しています。

 また、小児糖尿病や低血糖症、アミノ酸代謝異常や有機酸代謝異常といった先天性代謝異常症の診療もおこなっています。

 新生児マススクリーニングについては県下の指導的医療機関として、スクリーニング陽性新生児の早期受診のアレンジ や診断・治療を行っています。

内分泌代謝科で取り扱うことの多い症状と疾患

PAGE TOP