診療科・局・施設のご案内

重症心身障害児施設

 当センターの重症心身障害児施設は、重度の知的障害と肢体不自由とをあわせもった、原則18歳までの方を対象とした施設です。
 医務課・看護科・生活支援課が連携をとりながら、適切な医療ケアと生活支援、季節の行事などの療育活動を通して、快適で楽しい生活を送れるよう支援しています。学齢児については、当センターに併設される神奈川県立南養護学校で学校教育を受けることが可能です。
 また、在宅重症児への支援を目的として、有目的(必要な時)、有期限(必要な期間)の入所を促進しています。

医務課

 医務課は常勤医1名、非常勤医1名で入所児者の日常生活が健康で安全、快適にすごせるよう、医療面を中心に対応しています。
 人工呼吸器や気管切開、持続注入、胃瘻、インシュリン注射など、重症心身障害児者の医療介護度の重症化が進む中でどのような方にも安心して生活できるよう、発達期であることを十分にふまえ、ライフスパンを見通しながら、医療面での対応を選択しています。また、看護師、指導員、保育士、訓練士(PT,OT,ST)、心理療法士らとともに、本人らしさを大切に育む気持ちを持って入所生活・在宅生活を支援していきます。

看護科

 看護科では「看護の方針」に基づき、呼吸状態や発作の状況など利用者の状況をきめ細かく観察し、呼吸管理や吸引、与薬など一人ひとりにあった看護を行うことで、利用者が本人らしく、安楽な生活を送れるよう支援しています。また、生活支援課職員と一緒に食事介助や排泄介助、入浴介助などの生活支援を行います。

重心施設 看護の方針

  1. 入所者の人格を尊重し、一人ひとりの理解を深め安全で安楽な生活ができるよう努める。
  2. 自己研鑽に努め、理論の裏付けを得た看護を行う。
  3. 看護者は入所者と共に成長していく姿勢を持ち、家族との深い関わりを大切にする。
  4. 入所者にかかわる多くの職種が、それぞれの専門性を十分に発揮しながら、チームワークを大切にする。ともに入所者中心の一貫した姿勢を持つ。

生活支援課

 生活支援課は児童指導員及び保育士で構成されています。医務課・看護科と連携をとりながら、食事介助や排泄介助、入浴介助などの日常生活支援を行うとともに、生活に変化と潤いを持たせ、情緒の安定を図り、諸発達を促し残存能力を引き出せるよう、日中活動や季節の行事、バスハイクなどの療育活動を企画実施します。さらに、安心・充実した施設生活ができるように、退所後も本人らしく生活できるように、家族や児童相談所をはじめとする関係機関との連絡調整を行います。また、短期入所の受付窓口になっています。

療育活動(お花見)
療育活動(お花見)
食事介助
食事介助

※ 写真は本人・ご家族の許可を得て掲載しています。

PAGE TOP