診療科・局・施設のご案内

歯科

主な取り扱い疾患

 小児の歯科的疾患全般
 咬合異常(厚生労働大臣が定める疾患に起因した咬合異常に関してのみ)

歯科の特徴

 当センター歯科では、主に病気や障害を有している小児を対象として歯科治療を行なっています。
 治療は、う蝕(むし歯)などの重症度、年齢や歯科治療に対する協力状態を考慮して、行動変容法や笑気吸入鎮静法を応用して行ないます。
 また、外来での歯科治療が困難な方には、麻酔科をはじめ、センター内他科・他部門の協力のもと、入院下での全身麻酔下歯科治療を年間約140件行なっております。

 当科での治療終了後は速やかにかかりつけ歯科医院へ報告し、地域で歯科的管理をしていただきます。地域歯科医院への通院が困難な方は、当科での通院継続や適切な歯科医療機関への紹介・受診を提案します。

 成長過程で見られる歯列や咬合異常に関しても、矯正歯科専門外来と連携して治療を行なっていますが、現在歯科矯正治療は厚生労働大臣が定める疾患に起因した咬合異常に関してのみ矯正外来にて保険診療を行なっております。
 当センター歯科では自由診療(自費診療)としての矯正歯科治療は行っておりません。

 当科で対応困難な、歯科矯正治療、口腔腫瘍、顎骨嚢胞などの歯科口腔外科治療に関してはしかるべき医療機関への紹介をいたします。

診療案内

 外来担当医週間一覧表のページをご確認ください。

2018年度実績

  • 新規受診   347名
  • 再来    6,380名
  • 全身麻酔下歯科治療  146件

関連リンク

PAGE TOP