診療科・局・施設のご案内

循環器内科

主な取り扱い疾患

 先天性心疾患、後天性心疾患、不整脈、川崎病、左心低形成症候群をはじめとする先天性心疾患

循環器内科の特色

 循環器内科は小児期の心疾患や不整脈、原因不明の心雑音、胸痛、動悸などの各種循環器系症状の精密検査と診療を5名の循環器専門医が担当しています。臨床検査では心臓超音波検査、運動負荷試験、24時間心電図、肺機能検査(呼気ガス分析)、心臓カテーテル検査、心血管造影(シネアンギオ)、RI検査(血流シンチ、心筋シンチ)、心筋生検、心血管MRI検査、3次元CTなどを行っています。

 外来診療日は(火)(水)(木)(金)の週4日の予約制ですが、急患は別に診療をお受けしていますのでご連絡ください(原則として紹介状が必要です)。

 当科では心臓弁膜症や血管病変などに対してカテーテルを用いた低侵襲的血管内治療に積極的に取り組んでいます。

PAGE TOP