採用情報

循環器内科 小児専門研修プログラム

平成22年度 循環器内科小児総合研修プログラム

研修目的 小児科診療経験2年以上の医師を対象とし、総合的な臨床力と即戦力をもつ小児循環器医を育成する (研修は最長2年間)。循環器内科の基本理念は、"Science, Art and Humanity"である。
研修目標 豊富な臨床例をもとに、下記に列挙する各項目を実践し、小児循環器医として総合的な臨床力を身につける。 同時に当センターの特性を生かした包括医療を研修し、小児科専門医としての総合力を習得する。
  1. 先天性心疾患の診断と治療 (チアノーゼ性心疾患および非チアノーゼ性心疾患)
  2. 後天性心疾患の診断と治療 (心筋症、肺高血圧症、不整脈など)
  3. 心疾患に対する集中治療(呼吸循環管理、各種循環作動薬の使用、窒素および 一酸化窒素を使用した管理など)。
  4. 特殊検査の手技、技術の習得 (心エコー検査、心臓カテーテル検査、中心静脈カテーテル挿入など)
  5. 各種検査の実践と循環器的解釈 (胸部レントゲンおよび心電図、心エコー検査、心臓カテーテル検査、三次元CT検査、MRI検査、核医学検査、運動負荷試験、ホルター心電図など)
  6. 小児期心疾患特有の循環に起因する心不全および肺高血圧の評価と治療
  7. 胎児心臓病診断(新生児科とともに)
  8. 循環器診療に必要な専門的知識の習得 ( 心機能学、画像診断学、心臓電気生理学、運 動循環器学など)
  9. 学会発表および論文作成
年度別到達目標 1年目到達目標
  1. 小児期循環器疾患における病態生理を理解し、診断および治療方針決定のための方法と考え方を学ぶ。
  2. 循環器診療に必須な手技や特殊技術(心エコー検査、心臓カテーテル検査など)を習得する。
  3. 特殊性の高い小児心疾患の集中治療管理を経験し、循環動態に適した管理法を学ぶ。
  4. 小児心疾患の外科的治療を学び、周術期管理における内科的サポートができるようにする。
2年目到達目標 1年目で研修した内容をより充実させ、担当した症例における診断および治療戦略の暫定的な決定を、個々の専門研修医 自身で行えるようにする。また症例報告を中心とした小児循環器学会などでの学会発表および論文作成も行う。 可能であれば臨床的リサーチも行う。
指導体制 循環器内科科長および3名の医長が指導にあたる。入院患者の担当に関しては、1名の指導医とともに入院担当医として診療する。 心臓カテーテル検査は、指導医とともに行い、診療技術の修得を目指す。
研修内容
  1. 入院患者への診療:指導医とともに担当医となり、日常診療のなかで研修内容を実践していく。新生児や乳児の緊急 入院または診断治療目的の予定入院患者への診療が主となる。
  2. 心臓カテーテル検査(カテーテル治療含む):週2日で、各検査日に1-2例ずつ平均週3-4名の検査を指導医とともに行う。 カテーテル治療にも参加する。心エコー検査などの循環器的評価も含め、入院時から退院まで入院担当医として携わる。
  3. カンファレンスおよび回診:診療科内および合同カンファレンスがあり、この場で各症例についてのプレゼンテーションを 行い、スタッフとともに診断および治療方針の検討を行う。 循環器内科心臓血管外科合同回診(毎朝)、循環器内科心臓血管外科新生児科合同カンファレンス(週1、月)、循環器内科カンファレンス (週2、火木) 、内科症例検討会(週1、水)
  4. 各種画像検査:心エコー検査は病棟に超音波装置を常備しており、適宜施行する。また三次元 CT、MRI、核医学検査、 経食道心エコー検査などの各種検査も担当医として適宜施行する。これらの検査のための短期入院(月曜)にも携わる。
  5. 抄読会および勉強会:各指導医とともに抄読会および勉強会を行い、専門的知識の習得および整理を行う。
研修評価方法 循環器内科科長による。定期的に四半期別到達目標を基準としたチェックリストを科長に提出し、研修経験の確認とその評価 を行う。科長によるヒアリングも行い、総合的に評価する。また研修終了時講演(医師の会)において発表を行い、自己評価を行う。

PAGE TOP