採用情報

アレルギー科 小児専門研修プログラム

平成22年度 アレルギー科小児総合研修プログラム

研修目的 近年増加傾向にある小児アレルギー疾患全般について、基本的な診療(検査、診断、治療、生活指導)が出来ることを目標とする。
研修目標
  1. アレルギーの概念を理解する
  2. アレルゲン確定のための検査の理解
    血液検査(IgE、ヒスタミン遊離)、皮膚テスト(プリック、パッチ)、食物負荷試験、食物+運動負荷試験
  3. 呼吸機能検査(Flow-volume曲線)の実施と解釈
  4. 気道過敏性検査の実施と解釈(運動負荷、アセチルコリン、ヒスタミン)
  5. 代表的アレルギー疾患の理解
    1. 概念、病態、予後
    2. 診断、重症度判断
    3. 治療原則、主な治療薬
    4. 具体的生活指導
    5. 主な治療ガイドライン
  6. 免疫療法を主治医として経験する
  7. 関連するテーマの文献を抄読会で要旨を説明する
  8. 関連学会に参加、発表
  9. 関連学会誌に投稿
年度別到達目標 1年目到達目標
  1. 外来診療に従事し、多くの患者と接触し、代表的アレルギー疾患(気管支喘息、アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎、食物アレルギー)を診断し、基本的な治療を行う。
  2. アナフィラキシー患者の緊急対応を経験する。
  3. 気管支喘息急性増悪、重症アトピー性皮膚炎の入院の主治医として対応を習得する。また、難治例の社会的な背景を含む問題解決の方法を経験する。
  4. 気道過敏性検査、食物負荷試験を数多く行う。
  5. 免疫療法(皮下注射)を主治医として経験する。
  6. 急速特異的経口耐性誘導を主治医として経験する。
  7. カンファレンスでは隔週ペースで抄読会の文献を読み、要旨を報告する。
  8. 専門学会に2回以上出席する。 9)研究テーマを決めて学会発表の準備をする。
2年目到達目標 1年目の診療を継続しながら、研究を進め、専門の学会、研究会に2題以上の提出を目標とする。発表演題の論文を作成する。
指導体制
  1. 科長が直属の上司となり、他のスタッフも指導に当たる。
  2. 日常の外来診療、急患対応、入院患者の経過について常時相談、議論が可能な状態を保つ。
  3. 毎週月、水、金曜日の朝、入院患者を回診し、受け持ち患者について経過を報告し、全員で相互に議論する。
  4. 毎週のカンファレンスでは初診患者の検査結果と治療方針について呈示、入院症例はケースカンファレンスとして資料を作成して呈示、抄読会を担当し内容を要約して資料を作成する。
 以上を通して基本的な診療方針、最新の知識、特殊な症例における問題点とその解決方法などについて体験、見聞を広める。
研修内容
  1. 科長が直属の上司となり、他のスタッフも指導に当たる。
  2. 日常の外来診療、急患対応、入院患者の経過について常時相談、議論が可能な状態を保つ。
  3. 毎週月、水、金曜日の朝、入院患者を回診し、受け持ち患者について経過を報告し、全員で相互に議論する。
  4. 毎週のカンファレンスでは初診患者の検査結果と治療方針について呈示、入院症例はケースカンファレンスとして資料を作成して呈示、抄読会を担当し内容を要約して資料を作成する。
 以上を通して基本的な診療方針、最新の知識、特殊な症例における問題点とその解決方法などについて体験、見聞を広める。
  1. 初期より多数の通院中の患者の外来診療に携わる。
  2. 隔週で新患患者を3人診察し、必要な検査を実施し、初期の治療方針を決定した段階でカンファレンスで報告する。
  3. 気管支喘息既往のある全身麻酔下手術予定患者について、術前外来で安全に手術を行うための環境作りを行う。
  4. 入院患者を受け持ち、週3回の回診で経過を報告する。
  5. 具体的には以下の項目について習得する。呼吸音の聴診と所見の表現、呼吸機能(Flow-Volume曲線、ピークフローモニタリング)の測定と解釈、鼻粘膜・結膜の診断法、血液ガス分析の実施と解釈、皮疹の理解と表現、総IgE値、特異IgE値、皮膚試験、食物負荷試験の実施と結果の解釈と応用、胸部および鼻腔・副鼻腔のXpおよびCTの読影、鼻汁・喀痰・糞便の採取法と細胞診の実施・解釈、など
  6. 主要な小児アレルギー疾患(気管支喘息、アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎、食物アレルギー、アナフィラキシーなど)の診断と重症度判断、基本的な治療薬の種類、効果、副作用、正しい使用法などを学び、中等症までの症例の治療。
  7. 免疫療法・急速特異的経口耐性誘導を主治医として経験し、治療の原則、適応、実施法、実施における注意点、副作用、効果を理解する。
  8. 具体的なプログラムは以下の通りである。
     月曜日 午後 外来診療
     火曜日 午前 外来診療
         午後 気道過敏性検査(運動負荷試験)
     水曜日 午前 隔週 新患診療
     木曜日 午前 隔週 手術前患者診療
         午後 気道過敏性検査(アセチルコリン吸入試験)
         17時より アレルギー科カンファレンス (症例検討、抄読会、研究発表)
     金曜日 午後 気道過敏性検査(ヒスタミン吸入試験)
     これらの中で、あるいはその他の時間に入院患者診療、急患対応、呼吸機能測定、皮膚テスト、食物負荷試験、などを行う。
研修評価方法 科長およびスタッフより逐次、達成度に関しての評価を受ける。
終了時には医師の会にて2年間の経験、研究、業績をまとめて講演を行う。
日本アレルギー学会認定アレルギー専門医を取得するための研修の一部となるように配慮する。

PAGE TOP