採用情報

小児総合研修医(ジュニアレジデント)

カリキュラム

 1クール10週間、年間5クール制
 JR1年目:総合診療科、感染免疫科、アレルギー科、内分泌代謝科、救急診療科
 JR2年目:神経内科、循環器内科、血液再生医療科、新生児科、選択1クール(遺伝科など)
 JR3年目:選択5クール、院内全ての科から選択
 選択期間には、済生会横浜市南部病院での一般小児科研修も選択可能です。
 当直は月4,5回程度。JRは、夜間は病棟当直を行いますが、休日の日中は救急外来を担当します。
 緊急時の対応やルート確保などの手技は、当直を重ねるうちにみるみる上達します。
 当直中は必ず経験豊富な上級医が院内に待機しているので、困ったときは相談できます。
 JR2年目になると、月1回南区役所で乳児健診を行い、発達評価を学びます。
 JR2,3年目は、年1,2回県立総合療育センターで当直を行っています。

 2017年以降の小児科専門医試験では、1報以上の原著論文を書くことが必須となっています。当院はこども医療センター医学誌(医中誌に要旨が載ります)という査読制度のある雑誌を発行しており、それに投稿することで規定の要件を満たすことが出来ます。貴重な症例が豊富なので、もちろん小児科学会雑誌や英文誌への投稿も可能です。論文執筆や学会発表の際は、上級医が丁寧に教えて下さいます。

H28年度ローテーション表

 
JR3-A 循環器内科 循環器内科 心臓血管外科 外科/放射線科 循環器内科
JR3-B 救急診療科 救急/循環器 循環器内科 放射線科/外科 麻酔科
JR3-C 血液再生医療科 血液再生医療科 外科/放射線科 循環器内科 循環器/総診
JR3-D 循環器内科 血液再生医療科 NICU 救急診療科 救急/放射線科
JR2-A NICU 循環器内科 血液再生医療科 遺伝科/皮膚科 神経内科
JR2-B 神経内科 NICU 循環器内科 血液再生医療科 遺伝科/皮膚科
JR2-C 皮膚科/遺伝科 神経内科 NICU 循環器内科 血液再生医療科
JR2-D 血液再生医療科 遺伝科/皮膚科 神経内科 NICU 循環器内科
JR1-A 感染免疫 内分泌科 総合診療科 南部病院 アレルギー科
JR1-B アレルギー科 感染免疫科 内分泌科 総合診療科 救急診療科
JR1-C 内分泌科 救急診療科 感染免疫科 アレルギー科 総合診療科

 *青は必修、黄色は選択
 その他、以下の様な勉強会があります。

  • New Patient Conference(金曜日 7:30~8:00)
     JRが週替りに発表する症例検討会
  • 内科Clinical Conference(水曜日 17:00~18:00)
     院内の内科が順番に担当する症例発表会
     発表内容はこども医療センター医学誌等に論文報告を目指しています。
  • 医師の会研究会(年間10-12回)
     各分野のオピニオンリーダーを院外から招待して講演して頂きます。
  • レジデント勉強会(金曜 18:00~19:00)
     抗菌薬の使い方、小児心電図の読み方など、小児科医として知っておきたい基本的な内容をテーマに、院内指導医(内科系、外科系)にレクチャーしてもらえます。
  • JR有志による勉強会(月曜 20:00~20:30)
     ローテーション中の診療科で学んだことを同僚にわかりやすくレクチャーし共有します。

 JRの日々の研修について、もっと知りたい方はこちらもどうそ。

 

PAGE TOP