診療科・局・施設のご案内

ヒヤリ・ハットの報告制度

院内報告制度の目的

 統一された様式に基づき、ヒヤリ・ハット事例及びアクシデント事例、有害事象等を報告することにより、アクシデントにつながる潜在的な事故発生要因を把握し、これによってアクシデントの発生を未然に防止するとともに、発生したアクシデントに対する適切な対応をはかること、ならびに、有効な再発防止策を策定することを目的としています。

ヒヤリ・ハット、アクシデントの定義

ヒヤリ・ハットとは

 日常診療の場で、患者に医療又は管理を行う上で、ヒヤリとしたり、ハッとした経験を有する事例(災害等に起因するものを除く)で、アクシデントに至らなかったものをいいます。

アクシデントとは

 医療に関わる場所で実施された医療又は管理により、予期せず患者が死亡し、若しくは患者に心身の障害が残った事例又は予期しなかった、若しくは予期していたものを上回る処置その他の治療を要した事例をいいます。

ヒヤリ・ハット、アクシデント、有害事象等報告書の管理・活用

  1. ヒヤリ・ハットは医療安全推進室が管理します。
  2. 医療安全推進室ならびに医療安全管理会議、セクションリスクマネージャー会議において提出されたレポートを分析・検討し、医療事故等の防止に役立てます。
  3. 医療事故等の防止のために、医療安全推進室は分析・検討結果を総長・病院長・診療会議で定期的に報告します。

PAGE TOP