セミナー・講習情報

過去のイベント

第7回 小児がん相談支援室セミナーのお知らせ

小児がん相談支援室セミナーチラシ
画像をクリックするとPDFファイルでご覧いただけます。

日時 2020年1月25日(土) 14:00~16:30(13:45~受付)
場所 神奈川県立こども医療センター 本館 講堂
テーマ 小児がんの子どもと家族の体験を知り支援を考えよう
対象 地域社会で小児がん患者の支援にあたる医療関係者・学校関係者・行政関係者、小児がん患者とその家族
内容 【講演】
  1. 小児がん患者の病気や治療に伴う影響~発症時から退院後を通して~
    神奈川県立こども医療センター 血液・腫瘍科 医師 後藤裕明
  2. 小児がんの子どものきょうだいへの影響
    公益財団法人がんの子どもを守る会 ソーシャルワーカー
  3. 経験者の立場から(予定)
【意見交換会】
参加費 無料
申込 事前申し込みは不要です。どなたでもご自由に参加いただけます。
後援 横浜市医療局、横浜市小児がん連携病院(横浜市立大学附属病院・済生会横浜市南部病院・昭和大学藤が丘病院)
問合先 小児がん相談支援室 竹之内
045-711-2351(代表) 平日9:00~17:00
E-mail:shounigan@kcmc.jp

第51回 こどもの健康セミナー

こどもの健康セミナー ポスター
クリックするとPDFで表示されます。

 小児専門病院が持つ知識・経験を広くお伝えするこどもの健康セミナーです。小児専門病院として40年を超える実績の神奈川県立こども医療センターの職員が、県民の皆さんに分かりやすく説明いたします。
 入場無料、申込不要(当日受付)で、どなたでもご参加いただけます。是非奮ってお越しください!

日時 令和2年1月18日(土) 午後2時から午後4時まで
(受付 午後1時30分から)
演題 1.「緩和ケアサポートチームの取り組み」
2.「思春期の心の揺らぎをいかに支えるか」
会場 横浜市社会福祉センター 4階ホール
横浜市中区桜木町1-1
JR・横浜市営地下鉄「桜木町駅」より徒歩3分
定員 300名(当日受付でどなたでも参加可能です)
※保育士による乳幼児の保育あり(定員3名程度)
 保育希望の方は、事前にお申込み下さい(無料)
問い合わせ先 神奈川県立こども医療センター
電話 045-711-2351 内線 2288
メール kodomo_kenkou@kanagawa-pho.jp

第38回 小児緩和ケアセミナー「プリパレーションについて」

小児緩和ケアセミナーチラシ
画像をクリックするとPDFファイルでご覧いただけます。

 「プリパレーション」の視点から、子どもの"できる"を引き出すCLSの伊藤氏、また子どもの日常と成長発達を支える、当センター保育士である植木氏、それぞれの立場から、こどもや家族との向き合い方、大切にしたいポイントなどに焦点を当ててお話をしていただく予定です。

 多職種の皆さまのご参加を、こころよりお待ちしております。

日時 令和元年11月26日(火) 18:00~19:20
プログラム
  1. 「病棟保育士としてのプリパレーション 5南病棟での役割と現状」
     5南(乳幼児内科)病棟 保育士 植木 茜
  2. 「子どもの"できる!"を引き出すお手伝い」
     国立成育医療研究センター チャイルドライフサービス室
     チャイルド・ライフ・スペシャリスト(CLS) 伊藤 麻衣様
会場 神奈川県立こども医療センター 講堂(本館2階)
主催問い合わせ 神奈川県立こども医療センター
緩和ケア普及室 担当 古賀文佳
電話 045-711-2351(代表)
Email:pct@kcmc.jp

第50回 こどもの健康セミナー

こどもの健康セミナー チラシ
クリックするとPDFで表示されます。

 小児専門病院が持つ知識・経験を広くお伝えするこどもの健康セミナーです。小児専門病院として40年を超える実績の神奈川県立こども医療センターの医師が、県民の皆さんに分かりやすく説明いたします。
 入場無料、申込先着順で定員になり次第締め切らせていただきます。どなたでもご参加いただけますので、是非お申込みください!

 令和元年7月13日(土)開催の「こどもの健康セミナー」において配布しましたチラシには、申し込みは「抽選」と告知しておりましたが、諸般の事情により「先着順」に変更させていただきました。ご了承くださいますようお願いいたします。

日時 令和元年11月16日(土) 午後2時から午後4時まで
(受付 午後1時30分から)
演題 1.「子どもの偏食への対応、実践編」
2.「健康な歯から子育てをする」
会場 かながわ県民センター 2階ホール
横浜市神奈川区鶴屋町2-24-2
JR「横浜駅」西口・きた西口をでて徒歩5分
横浜市営地下鉄「横浜駅」地下鉄出口8から地下街をとおり「中央モール」を左折し「北6」出口を出て、徒歩およそ2分
定員 200名(申込先着順で定員になり次第締め切らせていただきます)
※保育士による乳幼児の保育あり(定員5名程度)
 保育希望の方は、予約時にお申込み下さい(無料)
申込方法 下記の申込専用フォームよりお申込みください。
※おひとり様ずつお申込みください。1回の申込みで複数名の予約はできません。
※申し込みは9月17日より開始します。
問い合わせ先 神奈川県立こども医療センター
電話 045-711-2351 内線 2217
メール kodomo_kenkou@kanagawa-pho.jp

第21回 ハートキッズセミナーのお知らせ

 この度、神奈川県立こども医療センターにおいて、ハートキッズセミナー(第21回心臓手術展示会)を開催致します。
 本セミナーは、心臓病や心臓手術に関わる医療についての理解を深めることを目的として、当センターハートキッズ応援団(代表者 心臓血管外科 橘 剛)が企画し、開催しているものです。
 ご希望の方はご自由に参加していただけますが、心臓手術体験は当日配布される整理券(数に限りがあります)が必要です。

ハートキッズセミナー ポスター
クリックするとPDFで表示されます。

日時 令和元年11月9日(土) 13:00~16:00
※ 整理券配布は12:45より行います。それ以前の来場はお控えください。
場所 神奈川県立こども医療センター 体育館
目的 心臓病や心臓手術などの治療についての理解を深めることです。
対象 心臓病の子どもとご家族     地域の子どもとご家族
地域の一般の方         教育機関、行政機関の方等
内容 以下の心臓病や心臓手術に関する体験型の展示ブースを設置しております。
参加者は、ボランティアスタッフ(医師、看護師、臨床工学技師、患者会等)のサポートのもと、心臓病や心臓手術などの治療について実際に見て、触れる体験を通して、心臓病に関する理解を深めることができます。好きなブースを選んで体験していただけます。

1)ブタの心臓を使った手術 ※当日配布の整理券(数に限りがあります)が必要です。
2)心臓エコー
3)心臓カテーテル検査
4)人工心肺・人工弁・人工血管・ペースメーカー・縫合糸、在宅酸素機器等の展示
5)AED
6)ユニフォーム(手術着・Dr・Nsなど)試着
7)心臓病の子どもを守る会の紹介等

※ 諸事情により中止する場合もあります。ホームページでご確認ください。
※ 当日風邪・胃腸炎症状(咳、鼻水を含む)がある場合は参加をご遠慮ください。
※ 混雑が予想されますので公共の交通機関をご利用いただき、駐車場のご利用はお控えください。(駐車場の利用は有料となります。)
問い合わせ先 神奈川県立こども医療センター 総務課 平尾
電話 045-711-2351(代表)
メール heartkidsseminar@kcmc.jp

第20回 小児がん栄養サロン

 神奈川県立こども医療センター栄養サポートチームでは、小児がん治療中の患者・家族向けに「栄養サロン」と称して定期的に栄養に関する相談会を設けております。
 化学療法や放射線治療、造血管細胞移植の治療中・治療後の栄養について、栄養サポートチームのスタッフと一緒に気軽に話し合いませんか?

小児がん栄養サロン ポスター
クリックするとPDFで表示されます。

日時 2019年11月6日(水) 14:00~15:30
場所 神奈川県立こども医療センター 周産期棟地下1階 第3会議室
対象 小児がん治療中・治療後の患者および家族の方
(当院に受診されていない方の参加も可能です)
内容 化学療法・放射線治療・造血幹細胞移植治療中、治療後の栄養について
1. スタッフによるお話
 1)「治療中に起こりやすい栄養の問題」
   血液・腫瘍科医師 慶野 大
 2)「治療中の栄養のとり方」
   看護師 澤口 絵里
2. フリートーク
 粘膜障害の時の対処方法・食事の工夫など、栄養について気になることをスタッフを交えて皆で話し合いましょう。
 (参加スタッフ:医師、看護師、管理栄養士、薬剤師、歯科衛生士など)
参加費 無料
事前申込みは不要ですので、直接会場へおこしください。
主催 神奈川県立こども医療センター 栄養サポートチーム
問い合わせ先 神奈川県立こども医療センター 栄養管理科 福原
電話 045-711-2351(代表)
FAX 045-721-3324

安全フォーラムのご案内

安全フォーラムのご案内

安全フォーラム ポスター
クリックするとPDFで表示されます。


「みんなの防災文化祭」開催のご案内

みんなの防災文化祭

 医療ケアや療育を必要とする在宅療養児は、災害に際して迅速かつ適切な講堂を取ることが困難な方や、必要な情報が十分に得られない方などがいます。そのような在宅療養児が安心して療養を継続させるため、また地域における在宅療養児の生活を知っていただくために、全員参加型の「みんなの防災文化祭」を企画しました。
 入場無料、みなさまのご参加お待ちしております!

日時 2019年10月27日(日) 10時から16時30分まで
場所 神奈川県立こども医療センター 管理棟地下2階体育館
参加費 無料
対象 県内の在宅療養児とその家族、医療・福祉・教育関係者、こども医療センター利用者及び地域住民どなたでも、他
内容
  1. 講演会(10:00から11:30まで)
  2. 演奏会(11:30から13:00まで)
  3. 展示会(13:00から16:30まで)
主催 在宅療養児の地域生活を支えるネットワーク
(後援:横浜市こども青少年局障害児福祉保健課)
問い合わせ先 横浜市こども青少年局障害児福祉保健課 浅野
TEL:045-671-4279
神奈川県立こども医療センター経営企画課 玉井 新生児科 星野
TEL:045-711-2351 内線:2268

第37回 小児緩和ケアセミナー「子どもを痛みから守る医療を目指して
 -防げる痛みを防ぎ、治せる痛みを治すために必要な多職種介入-」

第37回 小児緩和ケアセミナー
画像をクリックするとPDFファイルでご覧いただけます。

 今年度で第4回目を迎えます、一般向け小児緩和ケアセミナーを開催いたします。

 音楽や絵などアートが持つ緩和ケアの力をそれぞれの分野で活躍している先生からお話をうかがうだけではなく、ハープや、ブラスバンドの演奏など体験をしながら、楽しいひと時を過ごしませんか?

 小学生以上のお子さまも大歓迎です!気軽にお越しください。
 皆さまのお越しをこころよりお待ちしております!

日時 令和元年10月5日(木) 13:15~16:05
プログラム
  1. 「子どもの緩和ケア」
     こども医療センター 緩和ケア普及室 室長 堀木としみ
  2. 「気づかれない心地よさ~こども達の病院に壁画を~」
     グラフィックデザイナー 原田和香様
  3. ブラスバンド演奏
     Swing for Kids
  4. 「緩和ケアにおける音楽の力と音楽療法の可能性」
     日本音楽療法学会認定音楽療法士 田原ゆみ様
会場 神奈川県立こども医療センター 本館講堂(本館2階)
主催問い合わせ 神奈川県立こども医療センター
緩和ケア普及室 担当 古賀文佳
電話 045-711-2351(代表)
Email:pct@kcmc.jp

夏休み公開講座 もっと知ってほしい小児がんのこと

 小児がんとは、1つの病気ではなく、15歳までにかかる"がん"の総称のことです。日本では毎年約2,000~2,500人の子どもが"小児がん"と診断されています。同世代の子どもたちの病気を知り、自分たちもできることを一緒に考えましょう!その支援のひとつであるレモネードスタンドを体験してみましょう。手術やエコー、内視鏡の体験も企画しています。

日時 令和元年8月10日(土)10時から15時
場所 神奈川県立こども医療センター 本館2階 講堂
対象 小学4年生~中学生、高校生
参加費 無料
定員 50名(予約制)
申込方法 申込専用フォーム レモネードスタンドジャパンWEBサイトから
共催 神奈川県立こども医療センター/認定NPO法人キャンサーネットジャパン
協賛 メディエータ・ソリューションズ株式会社
後援 神奈川県/横浜市 医療局/若年性がん患者団体STAND UP!!
レモネードスタンドジャパン事務局 認定NPO法人キャンサーネットジャパン

第14回 友達と家族のための心肺蘇生講習会

 野球ボールが胸に当たって、友達が倒れた。
 おばあちゃんが突然意識をなくした。どうする?
 ボク・ワタシに何が出来る?
 いざという時のために心肺蘇生を練習してみよう!

日時 2019年7月21日(日)
午後2時から午後4時まで(受付午後1時30分から)
場所 神奈川県立こども医療センター 本館2階 講堂
横浜市南区六ッ川2-138-4
対象 小学生とその家族のチーム、小学生と先生のチームなど30組
申し込み ◆ FAX:参加申込書をFAXしてください。
     FAX番号 045-721-3324
◆ E-mail:参加申込書を添付しメールしてください。
     アドレス aed@kcmc.jp
◆ 専用フォーム:以下のフォームに必要事項を記入しお申し込みください。
参加費 無料
その他 ・当日の保育はございません。
・ご来院の際は、公共交通機関をご利用頂く様ご理解願います。
主催 神奈川県立こども医療センター
協力 一般社団法人 横浜ACLS
横浜心肺蘇生普及研究会 等
問い合わせ先 神奈川県立こども医療センター 総務課 福島
電話 045-711-2351(代表)

第49回 こどもの健康セミナー

第49回 こどもの健康セミナー チラシ
クリックするとPDFで表示されます。

 小児専門病院が持つ知識・経験を広くお伝えするこどもの健康セミナーです。小児専門病院として40年を超える実績の神奈川県立こども医療センターの医師が、県民の皆さんに分かりやすく説明いたします。
 入場無料、申込不要(当日受付)で、どなたでもご参加いただけます。是非奮ってお越しください!

日時 令和元年7月13日(土) 午後2時から午後4時まで
(受付 午後1時30分から)
演題 1.「自閉症児の偏食と対応」
2.「こだわりのあるこどもたちの栄養相談でみえたこと」
会場 かながわ県民センター 2階ホール
横浜市神奈川区鶴屋町2-24-2
JR「横浜駅」西口・きた西口をでて徒歩5分
横浜市営地下鉄「横浜駅」地下鉄出口8から地下街をとおり「中央モール」を左折し「北6」出口を出て、徒歩およそ2分
定員 200名(当日受付でどなたでも参加可能です)
保育士による乳幼児の保育あり(定員5名程度)
保育希望の方は、事前にお申込み下さい(無料)
問い合わせ先 神奈川県立こども医療センター
電話 045-711-2351 内線 2288
メール kodomo_kenkou@kanagawa-pho.jp

第36回 小児緩和ケアセミナー「子どもを痛みから守る医療を目指して
 -防げる痛みを防ぎ、治せる痛みを治すために必要な多職種介入-」

第36回 小児緩和ケアセミナー ポスター

クリックするとPDFで表示されます。

 小児期の痛みの体験はその後に影響を与えると言われています。

 こども達が少しでも痛みから解放されるために私たちができることとはなにか、日頃悩まれている方も多いのではないのでしょうか。

 多職種による集学的な治療を実践されている加藤先生より、こどもの慢性疼痛や、多職種での連携方法などについてご講演いただきます。

 多職種の皆さまのご参加こころよりお待ちしております。

日時 令和元年7月4日(木) 開演18時00分
演題
  1. 子どもを痛みから守る医療を目指して-防げる痛みを防ぎ、治せる痛みを治すために必要な多職種介入-
会場 神奈川県立こども医療センター 本館講堂(本館2階)
主催問い合わせ 神奈川県立こども医療センター
緩和ケア普及室 担当 古賀文佳
電話 045-711-2351
Email:pct@kcmc.jp

第19回 小児がん栄養サロン

第19回 小児がん栄養サロン ポスター
クリックするとPDFで表示されます。

 神奈川県立こども医療センター栄養サポートチームでは、小児がん治療中の患者・家族向けに「栄養サロン」と称して定期的に栄養に関する相談会を設けております。
 化学療法や放射線治療、造血管細胞移植の治療中・治療後の栄養について、栄養サポートチームのスタッフと一緒に気軽に話し合いませんか?

日時 2019年6月26日(水) 14:00~15:30
場所 神奈川県立こども医療センター 周産期棟地下1階 第3会議室
対象 小児がん治療中・治療後の患者および家族の方
(当院に受診されていない方の参加も可能です)
内容 化学療法・放射線治療・造血幹細胞移植治療中、治療後の栄養について
1. スタッフによるお話
 1)「治療中のお口のケア」
   歯科衛生士 田淵 由希
 2)「治療中の栄養について」
   管理栄養士 福原 昭男
2. フリートーク
 粘膜障害の時の対処方法・食事の工夫など、栄養について気になることをスタッフを交えて皆で話し合いましょう。
 (参加スタッフ:医師、看護師、管理栄養士、薬剤師、歯科衛生士など)
参加費 無料
事前申込みは不要ですので、直接会場へおこしください。
主催 神奈川県立こども医療センター 栄養サポートチーム
問い合わせ先 神奈川県立こども医療センター 栄養管理科 福原
電話 045-711-2351(代表)
FAX 045-721-3324

平成31年度 看護の日・看護週間のご案内

 5月12日はナイチンゲールの誕生日です。厚生労働省ではこの日を「看護の日」とし、その日を含む週の日曜日から土曜日までの7日間を「看護週間」として制定しました。
 こども医療センターに於いてもさまざまな催しを行い看護のPRをしています。今年度は下記の期間でイベントを開催いたします。ぜひご参加ください。

開催期間 令和元年5月13日(月)~17日(金)
問い合わせ先 神奈川県立こども医療センター(看護の日準備会)
電話045-711-2351(代表)

第48回 こどもの健康セミナー

第48回 こどもの健康セミナー チラシ
クリックするとPDFで表示されます。

 小児専門病院として40年を超える実績の神奈川県立こども医療センターの医師が、県民の皆さんに分かりやすく説明いたします。お誘いあわせの上、ご参加ください。

日時 2019年5月18日(土) 午後2時から午後4時まで
(受付 午後1時30分から)
演題 「発達に心配のあるこどもの遊びを援助する」
会場 横浜市都筑公会堂
横浜市都筑区茅ヶ崎中央32-1
定員 300名(当日受付でどなたでも参加可能です)
問い合わせ先 神奈川県立こども医療センター
電話 045-711-2351 内線 2219

第8回 二分脊椎デー 開催報告

 神奈川県立こども医療センター 第8回 二分脊椎デーご報告
 当センターで二分脊椎診療に携わる多くの診療科の医師、看護師、医療職のみなさんで企画するホスピタルフェアもこの3月で第8回を終了しました。多くの患者さん、ご家族に参加いただきましたが、当センターに通院されている患者さん以外にも他施設、他県から来られた方々、こども医療を卒業された成人の方々など回を重ねるごとに参加者の広がりを感じております。ここに報告書を掲示させていただきますのでご覧頂ければ幸いです。参加していただいた皆様に感謝するとともに、キッズアートプロジェクトはじめ多くのセンター外のボランティアの皆様にこの場を借りてお礼申し上げます。

神奈川県立こども医療センター二分脊椎研究会代表: 山崎雄一郎


第18回 小児がん栄養サロンのご案内

第18回 小児がん栄養サロン ポスター
クリックするとPDFで表示されます。

 神奈川県立こども医療センター栄養サポートチームでは、小児がん治療中の患者・家族向けに「栄養サロン」と称して定期的に栄養に関する相談会を設けております。
 化学療法や放射線治療、造血管細胞移植の治療中・治療後の栄養について、栄養サポートチームのスタッフと一緒に気軽に話し合いませんか?

日時 平成31年3月13日(水) 14:00~15:30
場所 神奈川県立こども医療センター 周産期棟地下1階 第3会議室
対象 小児がん治療中・治療後の患者および家族の方
(当院に受診されていない方の参加も可能です)
内容 化学療法・放射線治療・造血幹細胞移植治療中、治療後の栄養について
  1. スタッフによるお話
     1)「治療中に起こりやすい栄養の問題」
       血液・腫瘍科医師 藤田 祥央
     2)「食事とくすりの食べ合わせ・飲み合わせ」
       薬剤師 有元 いずみ
  2. フリートーク
     粘膜障害の時の対処方法・食事の工夫など、栄養について
     気になることをスタッフを交えて皆で話し合いましょう。
     (参加スタッフ:医師、看護師、管理栄養士、薬剤師、歯科衛生士など)
参加費 無料
事前申込みは不要ですので、直接会場へおこしください。
主催 神奈川県立こども医療センター 栄養サポートチーム
問い合わせ先 神奈川県立こども医療センター 薬剤科 甲斐
電話 045-711-2351
FAX 045-721-3324

神奈川県立こども医療センター 第8回 二分脊椎デー

神奈川県立こども医療センター 第8回 二分脊椎デー ポスター
クリックするとPDFで表示されます。

 当センターで二分脊椎診療に携わる多くの診療科の医師、看護師、医療職のみなさんで企画するホスピタルフェア。こども医療のスタッフも普段の診療ではみられないような顔を皆さん見せてくれます。またお子さんにもわかるような病気の説明や、パネル展示、患者さんの体験談など盛りだくさん。参加費は無料で事前申込はありません。二分脊椎症の患者さん、ご家族はどなたでもご参加いただけますので奮ってお越しください。

日時 平成31年3月3日(日) 12:00~15:00
場所 神奈川県立こども医療センター 体育館(管理棟地下 2階)
演題 <プログラム>
  1. 「股関節脱臼のおはなし」  整形外科 町田治郎院長
  2. 患者さんのおはなし     永井 杏実さん
  3. 「みんなで たたこう♪」   太鼓スクール ひかり

    ~休憩~
     展示ブース(今年は院内器材配置でスペースに限りがあります)
     各科からのブース展示・導尿体験コーナー(導尿モデル)
     キッズアート・プロジェクト
  4. 「うんちと 上手に つきあおう」  外科 望月響子先生
  5. 「みんなは うんち どうしてる?」 二分脊椎デーゆかいな仲間達(看護他)
主催 神奈川県立こども医療センター二分脊椎研究会(代表: 泌尿器科 山崎雄一郎 )
共催 日本二分脊椎症協会神奈川支部
問い合わせ先 神奈川県立こども医療センター
電話 045-711-2351

第35回 小児緩和ケアセミナー「病気をもつ子どもの「きょうだい支援」
 -10年後、20年後に届くように-」

第35回 小児緩和ケアセミナー ポスター

クリックするとPDFで表示されます。

 「しぶたね」は、病気の子どもの「きょうだい」のためのNPO法人です。しぶたねの「しぶ」は「シブリング(sibling:きょうだい)」の「しぶ」です。2003年からきょうだい支援の活動をされている、清田様に病気をもつ子どものきょうだいの気持ちや、ケアの視点をお話しいただく予定です。
 小児医療に携わる私たちにとって欠かすことのできない「きょうだい支援」について考える機会になればと思います。
 多職種の皆様のご参加こころよりお待ちしております。

日時 平成31年1月24日(木) 開演18時00分
演題
  1. 病気をもつ子どもの「きょうだい支援」-10年後、20年後に届くように-」
会場 神奈川県立こども医療センター 本館講堂(本館2階)
主催問い合わせ 神奈川県立こども医療センター
緩和ケア普及室 担当 古賀文佳
電話 045-711-2351
Email:pct@kcmc.jp

第47回 こどもの健康セミナー

第47回 こどもの健康セミナー チラシ
クリックするとPDFで表示されます。

 当センターの児童思春期精神科医師2名が、子どものこころの診療の現場で使われることがあるお薬について、実際の使用状況や投薬治療が検討される症状や疾患について分かりやすく説明します。小児専門病院が持つ知識、経験を広くお伝えする公開講座です。 入場無料、申込不要(当日受付)で、どなたでもご参加いただけます。是非奮ってお越しください!

日時 平成31年1月19日(土) 午後2時から午後4時まで
(受付 午後1時30分から)
演題 「児童思春期精神科で使うお薬の話」
会場 かながわ県民センター
横浜市神奈川区鶴屋町2-24-2
定員 200名(当日受付でどなたでも参加可能です)
問い合わせ先 神奈川県立こども医療センター
電話 045-711-2351 内線 2222

第46回 こどもの健康セミナー

第46回 こどもの健康セミナー チラシ
クリックするとPDFで表示されます。

 小児専門病院が持つ知識・経験を広くお伝えするこどもの健康セミナーです。小児専門病院として40年を超える実績の神奈川県立こども医療センターの医師が、県民の皆さんに分かりやすく説明いたします。
 入場無料、申込不要(当日受付)で、どなたでもご参加いただけます。是非奮ってお越しください!

日時 平成30年12月8日(土) 午後2時から午後4時まで
(受付 午後1時30分から)
演題
  1. 増加するこどものアレルギーに対して今やっておきたいこと
  2. 冬の乾燥に向けた「皮膚ケア」
会場 かなっくホール
横浜市神奈川区東神奈川1-10-1
定員 250名(当日受付でどなたでも参加可能です)

保育士による乳幼児の保育あり(定員6名程度)
保育希望の方は、事前にお申込み下さい(無料)
問い合わせ先 神奈川県立こども医療センター
電話 045-711-2351 内線 2219

第20回 ハートキッズセミナーのお知らせ

第20回 ハートキッズセミナー ポスター
クリックするとPDFで表示されます。

日時 平成30年11月3日(土) 午後1時から午後4時まで
場所 神奈川県立こども医療センター 体育館
目的 心臓病や心臓手術などの治療についての理解を深めることです。
対象 心臓病の子どもとご家族     地域の子どもとご家族
地域の一般の方         教育機関、行政機関の方等
内容 以下の心臓病や心臓手術に関する体験型の展示ブースを設置しております。
参加者は、ボランティアスタッフ(Dr、Ns、ME、患者会等)のサポートのもと、心臓病や心臓手術などの治療について実際に見て、触れる体験を通して、心臓病に関する理解を深めることができます。好きなブースを選んで体験していただけます。
  1. ブタの心臓を使った手術
     ※当日配布の整理券(数に限りがあります)が必要です。
  2. 心臓エコー
  3. 心臓カテーテル検査
  4. 人工心肺・人工弁・人工血管・ペースメーカー・縫合糸・在宅酸素機器等の展示
  5. 調剤体験 ※当日配布の整理券(数に限りがあります)が必要です。
  6. AED
  7. 手術室見学ツアー(メールでの申し込みが必要です。)<申し込みを締め切りました>
  8. ユニフォーム(手術着:Dr・Nsなど)試着
  9. 心臓病の子どもを守る会の紹介等
* 整理券配布数などの詳細はポスターを参照ください。
* 諸事情により、中止する場合もあります。ホームページでご確認ください。
* 当日に風邪症状(咳、鼻水を含む)がある場合は参加をご遠慮ください。
* 混雑が予想されますので、公共の交通機関をご利用いただき、駐車場のご利用はお控えください。また、駐車場の利用は有料となります。
問い合わせ先 神奈川県立こども医療センター ハイケア・救急病棟2看護科長 加藤清美
電話 045-711-2351

安全フォーラムのご案内

安全フォーラムのご案内

安全フォーラム ポスター
クリックするとPDFで表示されます。


第33回 小児緩和ケアセミナー「すべてのこどもたちに笑顔を!
 ~こども達の笑顔のために私たちにできること~」

第33回 小児緩和ケアセミナー ポスター
クリックするとPDFで表示されます。

 一般向けの小児緩和ケアセミナーの開催は今年で3年目を迎えます。今年は私たちこども医療センターが行っている取り組みを通して、また小児がん経験者であり、小児科医師でもある寺田和樹先生の立場からのお話を聞きながら、こども達に必要な緩和ケアを一緒に考えてみませんか?

日時 平成30年10月6日(土) 開演13時30分
(受付開始 13時00分)
演題
  1. 小児緩和ケアについて
  2. こども達の笑顔のために!イベント給食と栄養サポート
  3. こども達の笑顔のために!横浜南養護学校の取り組み
  4. 小児がん患者と小児血液腫瘍医、両者の経験からみた小児緩和ケアの重要性
会場 神奈川県立こども医療センター 本館講堂(本館2階)
主催問い合わせ先 神奈川県立こども医療センター
緩和ケア普及室 担当 古賀文佳
電話 045-711-2351
Email:pct@kcmc.jp

第17回 小児がん栄養サロンのご案内

 神奈川県立こども医療センター栄養サポートチームでは、小児がん治療中の患者・家族向けに「栄養サロン」と称して定期的に栄養に関する相談会を設けております。
 化学療法や放射線治療、造血管細胞移植の治療中・治療後の栄養について、栄養サポートチームのスタッフと一緒に気軽に話し合いませんか?

日時 2018年10月3日(水)14:00~15:30
場所 神奈川県立こども医療センター 周産期棟地下1階 第3会議室
対象 小児がん治療中・治療後の患者および家族の方
(当院に受診されていない方の参加も可能です)
内容 化学療法・放射線治療・造血幹細胞移植治療中、治療後の栄養について
  1. スタッフによるお話
     1) 「食欲と痛み」 麻酔科医師 堀木としみ
     2) 「治療中の栄養の取り方」 看護師 安藤和美
  2. フリートーク
     粘膜障害の時の対処方法・食事の工夫など、栄養について気になることをスタッフを交えて皆で話し合いましょう。
     (参加スタッフ:医師、看護師、管理栄養士、薬剤師、歯科衛生士など)
参加費 無料
事前申込みは不要ですので、直接会場へおこしください。
主催 神奈川県立こども医療センター 栄養サポートチーム
問い合わせ先 神奈川県立こども医療センター 薬剤科 甲斐
電話 045-711-2351
FAX 045-721-3324

第4回 『きょうだいが主役になる日』スタンプラリー病院探検ツアー
 参加者募集のお知らせ

第4回 『きょうだいが主役になる日』シールラリー病院探検ツアー参加者募集 ポスター
クリックするとPDFで表示されます。

 普段、病院や自宅でお留守番をしておられるきょうだいのみなさんへ
 この日は皆さんが主役です!
 一緒に病院探検へ行きましょう!

日時 2018年8月18日(土)13:00~16:00
場所 神奈川県立こども医療センター 本館2階 講堂
内容 ・病院探検シールラリー
・腹話術
・音楽
・相談コーナー
対象 入院または外来通院しているお子様の兄弟姉妹で3歳~小学生
参加費及び申し込み方法 参加費無料 要予約(20名程度)
8月10日までに問い合わせ先メールアドレスまで以下の1~3をお送りください。
1. 保護者氏名
2. 連絡先(ご住所、連絡のとれる電話番号)
3. 参加されるお子様の年齢、性別、お名前(ふりがな)
  アレルギーの有無
問い合わせ先 神奈川県立保健福祉大学 小児看護学領域
メールアドレス:nakabayashi-m@kuhs.ac.jp

PAGE TOP