患者さん・ご家族の皆さんへ

クリニカルパスの公開

クリニカルパスとは

 「クリニカルパス」とは、患者様の病気・病状ごとに入院指導、治療、検査、処置、説明などをスケジュール表のようにまとめたものです。病気や病状は個々の患者様によりもちろん異なります。こども医療センターのようにお子様を対象とする医療施設では、同じ病気でも年齢の違いにより医療は異なってきます。しかし現在までの医学の進歩、医療の経験の積み重ねに基づいて判断すれば、よい治療とはどのようなものか、ある程度は標準化することが可能です。そうすることでよい医療が多くの患者様に提供できるようになります。

 こども医療センターでは、標準化ができた治療や検査について、クリニカルパスが毎年作成されてきております。クリニカルパスには医師や看護師が治療の指示・確認に用いる医療者用パスと、患者様に治療の内容や検査の予定などをお伝えする患者用パスがあります。入院の場合、この患者用パスは「入院診療計画書」を兼ねることになります。

 こども医療センターのクリニカルパスは、担当する特定の診療科や病棟だけで作られたものではありません。センター全体のさまざまな職種のスタッフにより構成されるクリニカルパス会議で検討するとともに、使用開始後もよりよいものにするため定期的に見直しを行っております。このホームページには現在使用されている患者用パスをPDFファイルとして掲載いたします。もし内容にわかりにくい点や疑問などがございましたら、当センターを受診された際に担当医師・看護師にお伝えいただければ幸いです。

医療関係者の皆様へ

 こども医療センターでは、医療関係者用クリニカルパスも公開する予定です。

クリニカルパス

 次のPDFファイルをご覧ください。

get adobe reader※PDFファイルを御覧いただくには、アドビシステムズ社が無償配布しているAdobe Readerが必要です。右のアイコンをクリックすると、ダウンロードページが別ウィンドウで表示されますので、画面の指示に従いインストールしてください。

PAGE TOP