トピックス

第2回「カフェでこれからの地方創生を語ろう」報告

第2回「カフェでこれからの地方創生を語ろう」報告

 黒岩祐治神奈川県知事の講演会「カフェでこれからの地方創生を語ろう」が開催され「未病」についての1時間の講演がありました。場所は、六ツ川のバス通り、平戸桜木通りに面した「むつかわバールトミーズカフェ」、通称、「トミカフェ」です。トミカフェは、我々こども医療の職員なら一度は利用したことがあるかもしれません。マスターは山田ベンツさん。「カフェでジャズを聴こう」、「カフェで論語を読もう」など積極的に企画されています。トミカフェを経営する傍ら司会業も生業にされており豪華な目黒雅叙園で著名人を呼んで「カフェで歴史を語ろう」なども開催しています。
 さて、今回は、知事の話を聞くだけの目的ではなくベンツさんのこども医療センターを大切にして下さる熱い思いによるものでした。世界的な心臓外科医がいるなどと知事に誇大に宣伝するのが目的だったようです。私も、神奈川県立こども医療センターはもっと世に知られて然るべきと常日頃思っていますが、引っ込み思案な性格のためその努力もしていないのが現状でした。そのふがいない姿に業を煮やして私を知事の隣に座らせ、また山下総長も招待して参加者に神奈川こどもを宣伝していただいたのだと思います。ベンツさんの息子さんは先天性心臓病で私が手術しました。川瀧元良先生もちょうど一緒に参加していて神奈川こどもが得意とする胎児診断から新生児手術への流れを伝えることができました。
 また、ちょうど日本外科学会がみなとみらいで開催されている時期で、私の同級生で九州大学国際医療部の清水周次教授にも来てもらいました。彼はこの催しをとても気にいったらしく、特にこのイベントを企画したベンツさんとはどんな人物か知りたいと帰り際に熱心にベンツさんに話しかけていました。清水教授の主催する国際医療部にはアジア遠隔医療開発センター(TEMDEC)があり川瀧先生の主催する胎児心エコー診断アドバンス講座ではTEMDEC経由でテレビ会議をおこなっており全国各地の会場に講義を配信しているという間柄でとてもお世話になっています。
 今回、知事と話す機会を作っていただきベンツさんにはとてもお世話になりました。知事だけではなく新聞社の方などマスコミ関係の方とも名刺交換することができました。神奈川県立こども医療センターのやっていることを世の中に知ってもらうことで困難な疾患をもった患児に適切な医療を受けるチャンスが拡がるかもしれません。また、われわれのモチベーションを上げることにもつながります。

PAGE TOP