令和元年度 神奈川県立こども医療センター 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 5112 1455 285 296 60
平成31年4月から令和2年3月に退院した患者数です。小児専門病院ですので10代までで9割以上を占めている。20代以上は主に産科の患者ですが小児より継続している成人の患者も含まれます。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
小児科(総合診療科)
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030250xx991xxx 睡眠時無呼吸 手術なし 手術・処置等1 あり 31 2.03 2.03 0.00% 7.68
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 定義副傷病 なし 29 8.97 6.19 6.19 6.14
040130xx99x1xx 呼吸不全(その他) 手術なし 手術・処置等2 あり 22 13.41 15.77 4.55% 9.27
100380xxxxxxxx 体液量減少症 20 5.45 9.13 0.00% 9.90
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 15 3.47 7.10 0.00% 7.33
呼吸器疾患(主に感染症)、消化器疾患、尿路感染症、栄養障害、神経疾患などを主に診療している。睡眠時無呼吸、急性気管支炎、呼吸不全が上位を占めています。
小児科(血液腫瘍科)
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010010xx99000x 脳腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 72 1.76 11.27 1.39% 6.38
130010xx97x2xx 急性白血病 手術あり 手術・処置等2 2あり 40 77.90 39.36 0.00% 4.90
100180xx990x0x 副腎皮質機能亢進症、非機能性副腎皮質腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 定義副傷病 なし 35 3.29 6.24 0.00% 5.34
130010xx99x0xx 急性白血病 手術なし 手術・処置等2 なし 25 1.76 8.57 4.00% 9.24
180050xx99xxxx その他の悪性腫瘍 手術なし 16 5.94 14.34 0.00% 7.94
小児急性白血病、再生不良性貧血、血友病、悪性腫瘍など小児血液疾患、腫瘍性疾患の内科的治療を担当します。
小児固形がんに対しては外科系各科、病理診断、放射線科と密接に連携しチーム医療を行っています。当センターには病棟全体が清潔管理区域であるクリーン病棟が整備されており、造血幹細胞移植や急性骨髄性白血病に対する化学療法など、免疫機能が低下するような治療も行っております。
小児科(内分泌代謝科)
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100250xx99100x 下垂体機能低下症 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 37 2.30 3.65 0.00% 5.57
140500xx99x1xx 骨軟骨先天性形成異常 手術なし 手術・処置等2 あり 31 1.55 3.76 0.00% 3.48
100290xxxxxxxx グルコース調節・膵内分泌障害、その他の内分泌疾患 11 1.45 5.58 0.00% 8.00
100360xxxxxxxx 小人症 11 1.73 3.60 0.00% 7.91
140620xx99xxxx その他の先天異常 手術なし 11 3.82 7.77 0.00% 5.27
主として小児の内分泌疾患(ホルモンの異常)を診療しています。成長ホルモン分泌不全をはじめとする間脳・下垂体疾患、 甲状腺疾患(機能亢進症、機能低下症)、副甲状腺疾患、副腎疾患(クッシング症候群、先天性副腎過形成など)、 性腺疾患(性分化異常、性腺機能低下症など)など、小児内分泌領域の疾患に広く対応しています。
小児科(感染免疫科)
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070560xx99x00x 重篤な臓器病変を伴う全身性自己免疫疾患 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 24 3.17 15.48 0.00% 9.50
小児の難治性感染症(ウイルス、細菌、真菌など)、小児膠原病(若年性特発性関節炎、全身性エリテマトーデス、皮膚筋炎、川崎病急性期など)、炎症性疾患(不明熱、炎症性腸疾患など)、免疫不全症、肝炎、さらに腎内科では腎疾患を診療しています。
アレルギー科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080270xxxx1xxx 食物アレルギー 手術・処置等1 あり 180 1.14 2.15 0.00% 3.09
080270xxxx0xxx 食物アレルギー 手術・処置等1 なし 54 1.04 2.48 0.00% 7.50
主に気管支喘息、アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎、花粉症、食物アレルギー等の診療を行っています。
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 91 8.49 7.10 0.00% 7.18
100335xx99x00x 代謝障害(その他) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 29 4.55 9.88 0.00% 7.48
040130xx99x1xx 呼吸不全(その他) 手術なし 手術・処置等2 あり 26 11.12 15.77 3.85% 11.31
010110xxxxx40x 免疫介在性・炎症性ニューロパチー 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 24 1.71 15.90 0.00% 11.71
040130xx99x0xx 呼吸不全(その他) 手術なし 手術・処置等2 なし 21 12.05 10.44 0.00% 10.67
一般小児科領域における神経疾患から急性脳症に代表される急性疾患、てんかんなどの発作性疾患、脳性麻痺、先天性中枢神経形成異常症、希少な神経・筋・変性・代謝疾患(筋ジストロフィー、ミトコンドリア異常症など)、免疫性神経疾患(急性散在性脳脊髄炎、ギラン・バレー症候群、多発性硬化症、重症筋無力症など幅広い小児神経疾患に対し、専門的な医療を行っています。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
14031xx09910xx 先天性心疾患(動脈管開存症、心房中隔欠損症を除く。)(1歳以上) 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 157 3.25 4.18 0.00% 6.39
14029xxx97x0xx 動脈管開存症、心房中隔欠損症 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 49 5.12 6.02 0.00% 6.02
14031xx19910xx 先天性心疾患(動脈管開存症、心房中隔欠損症を除く。)(1歳未満) 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 28 3.54 4.70 0.00% 0.00
14031xx004x0xx 先天性心疾患(動脈管開存症、心房中隔欠損症を除く。)(1歳以上) 経皮的肺動脈形成術等 手術・処置等2 なし 27 4.59 5.87 0.00% 4.96
14031xx002x0xx 先天性心疾患(動脈管開存症、心房中隔欠損症を除く。)(1歳以上) ファロー四徴症手術等 手術・処置等2 なし 15 51.87 26.27 6.67% 3.33
主に先天性心疾患、後天性心疾患、不整脈、川崎病、左心低形成症候群をはじめとする先天性心疾患等を診療しています。臨床検査では心臓カテーテル検査、心血管造影(シネアンギオ)、RI検査(血流シンチ、心筋シンチ)、心筋生検、心血管MRI検査、3次元CTなどを行っています。また心臓弁膜症や血管病変などに対してカテーテルを用いた低侵襲的血管内治療に積極的に取り組んでいます。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160x101xxxx 鼠径ヘルニア(15歳未満) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 214 2.07 2.81 0.00% 3.67
060170xx02xxxx 閉塞、壊疽のない腹腔のヘルニア ヘルニア手術 腹壁瘢痕ヘルニア等 39 2.56 8.05 0.00% 3.72
060130xx99000x 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 27 3.74 7.42 3.70% 5.59
060570xx99xxxx その他の消化管の障害 手術なし 23 6.61 7.38 0.00% 2.35
070590xx99x0xx 血管腫、リンパ管腫 手術なし 手術・処置等2 なし 15 2.93 5.94 0.00% 4.00
鼠径ヘルニアを多く診療していますが、年齢層は赤ちゃんから思春期まで、守備範囲は鼠径ヘルニアから生体肝移植まで、幅広い外科の治療を行っています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070180xx97xxxx 脊椎変形 手術あり 38 32.66 22.78 0.00% 13.05
140490xx970xxx 手足先天性疾患 手術あり 手術・処置等1 なし 35 29.97 7.53 0.00% 5.40
070010xx010x0x 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術等 手術・処置等1 なし 定義副傷病 なし 18 6.28 5.41 0.00% 11.56
070180xx99xx0x 脊椎変形 手術なし 定義副傷病 なし 16 12.38 4.75 0.00% 5.75
070210xx97xxxx 下肢の変形 その他の手術あり 12 26.58 18.25 0.00% 10.08
対象とするのは全ての小児骨・関節疾患ですが、特に脊柱変形、足部変形、股関節疾患、四肢の短縮・変形などを多く診療しています。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140140xxxxxxxx 口蓋・口唇先天性疾患 102 12.10 9.23 0.00% 3.40
140210xx02xxxx 先天性耳瘻孔、副耳 副耳(介)切除術 23 2.91 3.03 0.00% 2.04
140490xx970xxx 手足先天性疾患 手術あり 手術・処置等1 なし 22 2.82 7.53 0.00% 2.18
180060xx97xxxx その他の新生物 手術あり 18 2.39 6.39 0.00% 9.50
140490xx971xxx 手足先天性疾患 手術あり 手術・処置等1 あり 17 15.00 9.71 0.00% 1.12
先天異常、特に口唇口蓋裂が多く、受診患者は神奈川近隣だけでなく全国から紹介されます。顎の発育・言語成績ともに良好で、当センターの特徴の一つである他科(新生児科、耳鼻科、言語治療科、歯科、ソーシャルワーカー、保健師等)とのチームアプローチを重視した集学的治療を行っています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140080xx99x0xx 脳、脊髄の先天異常 手術なし 手術・処置等2 なし 127 1.09 3.72 0.00% 1.33
180060xx99xxxx その他の新生物 手術なし 45 4.71 6.22 0.00% 2.47
010080xx97x00x 脳脊髄の感染を伴う炎症 手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 16 14.31 36.61 0.00% 0.69
010010xx99000x 脳腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 15 2.53 11.27 0.00% 4.53
010310xx99x0xx 脳の障害(その他) 手術なし 手術・処置等2 なし 14 2.14 10.26 0.00% 5.14
脳・脊髄腫瘍、頭蓋縫合早期癒合症、二分脊椎(開放性脊髄髄膜瘤、脊髄脂肪腫)、水頭症、くも膜のう胞、キアリ奇形、もやもや病、など、小児期に多くみられる神経疾患の外科治療を行っています。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
14031xx002x0xx 先天性心疾患(動脈管開存症、心房中隔欠損症を除く。)(1歳以上) ファロー四徴症手術等 手術・処置等2 なし 20 17.00 26.27 0.00% 4.05
14031xx09910xx 先天性心疾患(動脈管開存症、心房中隔欠損症を除く。)(1歳以上) 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 17 3.29 4.18 0.00% 3.06
14031xx002x1xx 先天性心疾患(動脈管開存症、心房中隔欠損症を除く。)(1歳以上) ファロー四徴症手術等 手術・処置等2 あり 10 20.10 29.64 0.00% 1.00
14031xx102x0xx 先天性心疾患(動脈管開存症、心房中隔欠損症を除く。)(1歳未満) ファロー四徴症手術等 手術・処置等2 なし 10 24.00 26.91 0.00% 0.00
14031xx003x0xx 先天性心疾患(動脈管開存症、心房中隔欠損症を除く。)(1歳以上) 心室中隔欠損閉鎖術 単独のもの等 手術・処置等2 なし 10 10.40 14.69 0.00% 5.20
心房中隔欠損、心室中隔欠損、ファロー四徴症、グレン手術、フォンタン手術などの症例を多く行っています。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070590xx99x0xx 血管腫、リンパ管腫 手術なし 手術・処置等2 なし 59 6.81 5.94 0.00% 0.00
080180xx970xxx 母斑、母斑症 手術あり 手術・処置等1 なし 23 1.22 3.93 0.00% 9.22
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1 なし 18 1.11 4.01 0.00% 9.17
080180xx99xxxx 母斑、母斑症 手術なし 11 6.45 3.92 0.00% 0.82
アトピー性皮膚炎、母斑、血管腫、皮膚腫瘍、感染症など、あらゆる小児の皮膚疾患を扱っています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140590xx97xxxx 停留精巣 手術あり 118 1.75 3.13 0.00% 2.78
140580xx02xxxx 先天性下部尿路疾患 尿道形成手術等 77 3.77 9.49 0.00% 2.10
11013xxx03xxxx 下部尿路疾患 尿管膀胱吻合術等 40 3.93 9.03 0.00% 2.68
11022xxx02xxxx 男性生殖器疾患 陰嚢水腫手術等 23 1.57 4.60 0.00% 5.61
110420xx99xx0x 水腎症等 手術なし 定義副傷病 なし 19 1.00 7.05 0.00% 1.42
小児泌尿器科は腎臓・膀胱を中心とした尿路、および外陰部・生殖器の異常に対して、内科的・外科的治療を行うことを専門とする泌尿器科です。これらの疾患の原因としては先天的なものと、生まれてから生じるものがあります。
尿路奇形(水腎症、膀胱尿管逆流など)、外性器異常(尿道下裂、停留精巣、性分化疾患など)、排尿障害(昼間尿失禁、二分脊椎症に伴う神経因性膀胱など)、複雑な尿路再建(尿道外傷手術、膀胱頸部形成術など)に対応しています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020150xx97xxxx 斜視(外傷性・癒着性を除く。) 手術あり 99 2.14 3.17 0.00% 7.41
020320xx97xxxx 眼瞼、涙器、眼窩の疾患 手術あり 51 2.22 3.27 0.00% 6.90
020290xx97xxxx 涙器の疾患 手術あり 15 2.00 4.68 0.00% 2.47
020150xx99xxxx 斜視(外傷性・癒着性を除く。) 手術なし 10 2.40 9.77 0.00% 4.10
新生児期から学童期までのさまざまな疾患により不良となっている視機能(視力や立体視など)の発達を促すために、内科的・外科的治療を積極的に行っています。斜視、弱視、鼻涙管閉塞症、睫毛内反症、先天白内障、先天緑内障、未熟児網膜症、網膜芽細胞腫などを対象としています。
耳鼻いんこう科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 166 4.69 7.80 0.00% 5.26
030430xx97xxxx 滲出性中耳炎、耳管炎、耳管閉塞 手術あり 143 1.89 3.16 0.00% 4.53
030440xx01xxxx 慢性化膿性中耳炎・中耳真珠腫 鼓室形成手術 22 7.59 7.85 0.00% 8.64
030425xx99xxxx 聴覚の障害(その他) 手術なし 19 1.00 8.18 0.00% 3.21
030460xx97xxxx 中耳・乳様突起の障害 その他の手術あり 16 2.44 4.64 0.00% 8.44
当科は小児耳鼻咽喉科疾患全般を取り扱っています。中心となる疾患は扁桃・アデノイド疾患、呼吸障害、難聴、中耳疾患です。
小児科(新生児科)
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 55 5.42 6.17 9.09% 0.00
14031xx101x1xx 先天性心疾患(動脈管開存症、心房中隔欠損症を除く。)(1歳未満) 大血管転位症手術 大血管血流転換術(ジャテーン手術)等 手術・処置等2 あり 22 65.32 60.40 0.00% 0.00
140080xx99x0xx 脳、脊髄の先天異常 手術なし 手術・処置等2 なし 19 2.42 3.72 0.00% 1.32
140080xx97x1xx 脳、脊髄の先天異常 手術あり 手術・処置等2 あり 15 33.47 31.82 0.00% 0.00
140010x299x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満) 手術なし 手術・処置等2 なし 12 9.00 11.16 33.33% 0.00
当科は低出生体重児、先天性心疾患、先天性消化器疾患、呼吸管理を要する新生児を対象としている。産婦人科、外科系内科系部門と協力し、生まれた瞬間から診療が行えるようにしています。
手術が必要な新生児は外科系各科と連携して診療を行っています。先天性心疾患、消化器疾患、脳外科疾患、泌尿器系などはもちろん、遺伝科など内科系他科とも協力して複数科の連携が必要な複合的な問題を持つ新生児疾患の診療を行っています。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120180xx99xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 手術なし 254 2.52 6.69 0.79% 32.42
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等 71 10.13 9.66 1.41% 33.80
120260xx01xxxx 分娩の異常 子宮破裂手術等 36 9.53 9.53 2.78% 35.19
120170xx99x0xx 早産、切迫早産 手術なし 手術・処置等2 なし 16 17.75 19.06 12.50% 33.50
120170xx01x0xx 早産、切迫早産 子宮破裂手術等 手術・処置等2 なし 11 23.55 29.08 9.09% 31.45
総合周産期母子医療センターとして、ハイリスク妊娠分娩全般の診療を行っています。特に胎児異常(胎児形態異常、胎児発育不全)を主たる診療領域にしております。先天疾患のある児の出産にあたっては新生児科医(必要時には小児科系医師も)が立ち会い、出生後ただちに適切な治療を行います。
母性内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120200xx99xxxx 妊娠中の糖尿病 手術なし 47 2.09 5.59 0.00% 33.77
当科では退院患者では妊娠中の糖尿病が多くなっております。妊娠高血圧性腎症、既往妊娠高血圧性腎症、耐糖能障害/代謝異常、感染症、膠原病など妊娠に伴う内科的疾患を産婦人科と連携して行っています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌
大腸癌
乳癌
肺癌
肝癌 12 16 1 8
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
当センターは小児がん拠点病院の指定を受け、小児がんを積極的に受け入れています。急性リンパ性白血病、急性骨髄性白血病など小児の悪性造血疾患が多く、5大癌(胃癌、大腸癌、乳癌、肺癌、肝癌)と言われる臓器癌は少ない。
患者数は1回の入院を1人、同じ患者が2回入院すると2人と計算しております。 複数回入院した患者も含まれております。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症
中等症
重症
超重症
不明
小児病院ですので成人の市中肺炎は10人未満です。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内
その他
医療資源を最も投入した傷病が脳梗塞の患者数、平均在院日数、平均年齢、転院率を示す指標です。当院では10件未満でした。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
小児科(血液腫瘍科)
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 10 7.10 120.90 0.00% 1.90
化学療法(抗癌剤注入)目的でCVポート設置を行います。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K574-2 経皮的心房中隔欠損閉鎖術 36 1.00 7.03 0.00%
K570-3 経皮的肺動脈形成術 22 2.14 3.59 0.00%
K5621 動脈管開存症手術(経皮的動脈管開存閉鎖術) 等 12 2.33 3.33 0.00%
K6153 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(その他) 10 2.00 2.30 0.00%
経皮的心房中隔欠損閉鎖術をはじめとして、カテーテルを用いた低侵襲的血管内治療に積極的に取り組んでいます。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 123 0.07 0.08 0.00% 3.54
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 102 1.16 1.03 0.00% 4.01
K6333 臍ヘルニア手術 34 0.65 0.65 0.00% 2.94
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 等 13 1.23 7.69 23.08% 5.54
K5141 肺悪性腫瘍手術(部分切除) 等 12 5.67 34.25 0.00% 11.83
鼠径ヘルニア、臍ヘルニアなど日帰り手術を行っております。喘息・けいれん等の疾患をお持ちの患児は2泊3日で行います。内視鏡による手術、腹腔鏡手術を積極的に取り入れています。小児がん(神経芽腫、肝芽腫、ウイルムス腫瘍、横紋筋肉腫など)の外科治療:血液腫瘍科、放射線科、病理診断科とチームを編成して治療に当たっており、外科では腫瘍の摘出、生検、中心静脈カテーテルの挿入を担当しています。難治症例に対しても、患者さんにとって有益であれば積極的に手術を行っています。切除不能の肝芽腫に対しては、肝移植が可能です。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K142-21 脊椎側彎症手術(固定術) 33 2.82 32.67 0.00% 13.61
K080-2 内反足手術 21 3.38 58.67 0.00% 6.71
K0581 骨長調整手術(骨端軟骨発育抑制術) 20 1.45 6.00 0.00% 9.75
K028 腱鞘切開術(関節鏡下によるものを含む)(指) 12 1.50 1.08 0.00% 5.75
脊柱側弯症は装具療法でコントロールできず変形高度なものに手術を施行している。先天性内反足に対しては、早期のギプス矯正と手術の併用によって、二分脊椎などの麻痺性疾患の足部変形は装具療法や手術によって機能的な足を再建、維持している。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K288 副耳(介)切除術 24 0.96 0.96
K4072 顎・口蓋裂形成手術(硬口蓋に及ぶ) 20 2.55 10.50
K4073イ 顎・口蓋裂形成手術(顎裂を伴う)(片側) 等 19 2.11 13.32
K1002 多指症手術(骨関節、腱の形成を要する) 19 1.05 1.63
K0051 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm未満) 14 1.29 1.29
口蓋口唇先天性疾患に口唇裂形成術、顎・口蓋裂形成術を多く行っています。他には多指症手術、副耳(介)切除術などおこなっています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K186 脊髄硬膜内神経切断術 14 1.86 15.29 0.00% 2.93
K1912 脊髄腫瘍摘出術(髄内)
K610-2 脳新生血管造成術
K1911 脊髄腫瘍摘出術(髄外) 等
K1491 減圧開頭術(キアリ奇形、脊髄空洞症) 等
脊髄硬膜内神経切断術のほか、脊髄腫瘍摘出術(髄内)などを行っています。
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5761 心室中隔欠損閉鎖術(単独) 17 1.59 12.47 0.00% 1.88
K5862 単心室症手術(フォンタン手術) 等 - - - - -
K5822 両大血管右室起始症手術(右室流出路形成を伴う) - - - - -
K5741 心房中隔欠損閉鎖術(単独) - - - - -
新生児開心術から単心室系の疾患に対する手術まで広範囲に手術を行っています。心房中隔欠損、心室中隔欠損、ファロー四徴症、グレン手術、フォンタン手術など一般的な手術では、早期回復と在院日数短縮を実現している。新生児手術で特に最重症複雑心奇形に対する出生直後の手術も数多く行っています。
皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0052 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm以上4cm未満) 20 0.25 0.10 0.00% 9.10
K0051 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm未満) 14 0.07 0.07 0.00% 9.36
K0061 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3cm未満) - - - - -
色素性母斑、脂腺母斑、腫瘍などに対する切除手術が主な内容です。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K836 停留精巣固定術 105 0.29 0.39 0.00% 3.01
K819 尿道下裂形成手術 73 0.29 2.38 0.00% 2.19
K809-2 膀胱尿管逆流手術 39 0.51 2.36 0.00% 2.44
K8351 陰嚢水腫手術(交通性陰嚢水腫手術) 23 0.26 0.30 0.00% 5.61
K778-2 腹腔鏡下腎盂形成手術 11 0.45 2.09 0.00% 5.82
当科の手術の多くは尿道下裂手術、水腎症手術、膀胱尿管逆流手術などで、ほとんどのお子さんの入院期間は3日以内となっている。停留精巣手術の多くは日帰りで行われています。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2423 斜視手術(前転法と後転法) 55 0.13 1.00 0.00% 7.75
K2172 眼瞼内反症手術(皮膚切開法) 35 0.29 1.00 0.00% 7.51
K2422 斜視手術(後転法) 等 24 0.00 1.00 0.00% 8.29
K2425 斜視手術(直筋の前後転法と斜筋手術) 14 0.36 1.00 0.00% 5.00
K201 先天性鼻涙管閉塞開放術 12 0.00 1.00 0.00% 1.75
当科では斜視手術が多く、眼瞼内反症手術、水晶体再建術、涙管チューブ挿入術などがあります。
耳鼻いんこう科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K309 鼓膜(排液、換気)チューブ挿入術 146 0.47 0.44 0.00% 4.45
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 等 111 0.55 4.00 0.00% 5.94
K370 アデノイド切除術 45 0.73 1.33 0.00% 4.00
K3191 鼓室形成手術(耳小骨温存術) 21 1.62 4.90 0.00% 8.52
K311 鼓膜穿孔閉鎖術 14 0.64 0.86 0.00% 8.29
中耳疾患では滲出性中耳炎が治療の中心ですが、鼓膜穿孔、真珠腫性中耳炎、中耳奇形などの疾患も多数治療しています。入院期間は鼓室形成術で7日間です。最近は乳幼児の反復性中耳炎の治療も増加しています。
 扁桃・アデノイド疾患は小児耳鼻科の手術の大半を占めていますが、習慣性扁桃炎での手術は減少し、睡眠時無呼吸のために手術を行うお子さまが増加しています。入院期間は扁桃摘出術で6日間です。
 呼吸障害では新生児・乳児の呼吸困難や喘鳴(ゼーゼー、ヒューヒュー)、お子さまの嗄声(かすれ声)などの診断と治療を積極的に行っています。声門下狭窄、気管内肉芽に対して喉頭気管形成術やレーザー手術を実施しています。呼吸困難に対しての気管切開術、反復性の誤嚥性肺炎に対しての喉頭気管分離術を行っています。
小児科(新生児科)
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9132 新生児仮死蘇生術(仮死第2度) 等 53 0.00 66.47 39.62% 0.00
K9131 新生児仮死蘇生術(仮死第1度) 25 0.00 93.20 4.00% 0.00
当科は低出生体重児、先天性心疾患、先天性消化器疾患、呼吸管理を要する新生児を対象としている。産婦人科、外科系内科系部門と協力し、生まれた瞬間から診療が行えるようにしています。
手術が必要な新生児は外科系各科と連携して診療を行っています。先天性心疾患、消化器疾患、脳外科疾患、泌尿器系などはもちろん、遺伝科など内科系他科とも協力して複数科の連携が必要な複合的な問題を持つ新生児疾患の診療を行っています。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 等 69 2.70 6.74 1.45% 33.88
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 50 6.36 6.82 4.00% 35.04
総合周産期母子医療センターとして、ハイリスク妊娠分娩全般の診療を行っています。特に胎児異常(胎児形態異常、胎児発育不全)を主たる診療領域にしております。先天疾患のある児の出産にあたっては新生児科医(必要時には小児科系医師も)が立ち会い、出生後ただちに適切な治療を行います。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる
180010 敗血症 同一
異なる
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一 32 0.44%
異なる
「180040手術・処置等の合併症」について、カテーテル感染20件、VPシャント機能不全6件、等が含まれます。いずれも入院契機病名と同一となっています。
更新履歴
2020/9/17
病院指標を公開しました。