当センターのご案内

ファシリティドッグ「アニー」の紹介

 当院では、2012年7月より、ファシリティドッグが常勤勤務しています。
 アニーは2018年10月に、先代のファシリティドッグ 「ベイリー」から業務を引き継ぎ、当院で活動を行っています。

 ファシリティとは、「施設」という意味であり、1つの施設に職員の一員として勤務する犬のことを、ファシリティドッグと言います。

 欧米では数多くのファシリティドッグが活躍していますが、日本ではまだ3か所の病院にしかいません。

 遺伝的な素質を重視して選ばれ、人間のことが大好きになるよう、愛情をたっぷり注ぎながら、幼少期よりファシリティドッグとしての専門的なトレーニングを受けて育ちます。
 そして犬とともに活動するハンドラーは、臨床経験のある看護師です。

 単なる触れ合い活動にとどまらず、採血や点滴、検査や処置の付き添い、手術室までの付き添い、リハビリの応援など、治療のお手伝いもしています。
 子どもたちが、つらい治療を「自分から頑張ろう」という力を少しでも引き出せるよう、お手伝いをしています。

※ アニーの訪問をご希望のかたは、看護師・保育士までお声がけください
※ 感染管理上、外来には訪問していません

 ファシリティドッグ「アニー」とハンドラーは、認定特定非営利活動法人 シャイン・オン・キッズが提供しています。
 ファシリティドッグについてのお問い合わせは、シャイン・オン・キッズ(info@sokids.org)までお願いします。
 もっと知りたい方は以下をご覧ください。

 

 ファシリティドッグ「アニー」
 2016年3月27日生まれ
 ゴールデンレトリバーの女の子

ファシリティドッグ「アニー」と森田さん

ファシリティドッグ「アニー」01 ファシリティドッグ「アニー」02

PAGE TOP