代表:045-711-2351

【月~金曜日(祝祭日を除く)9時~17時】

お問合せサイトマップ

各診療部門の紹介

放射線技術科

放射線技術科スタッフ1 放射線技術科スタッフ2

放射線技術科は診療放射線技師16名で、単純X線撮影3室、X線TV室2室、歯顎部及び頭部規格撮影室、CT室、MRI2室、核医学検査室、骨塩定量検査室、放射線治療室、心カテ室、血管撮影室、及び移動型X線機6台で診療業務を行っています。
1日当たりの放射線検査数は平均で約150人程度、放射線治療人数は大きな変動はなく年間の平均で30人程度となっています。
放射線治療装置は東芝製PRIMUS(X線は6,10MV、電子線は6-21MeV)です。

放射線治療の主な対象疾患
1.脳腫瘍
2.白血病
3.神経芽腫
4.骨肉腫
5.横紋筋肉腫
6.その他

放射線技師の有する認定資格

・放射線治療品質管理士、・医学物理士、・第1種放射線取扱主任者、・核医学専門技師、・CT認定技師、・MRI専門技術者、・医療情報技師等

放射線治療装置

放射線治療装置

高エネルギー放射線治療装置(リニアック)は、X線・電子線の2種類の高エネルギー放射線が使用できます。放射線治療機器の精度管理に心がけ、安全且つ安心して放射線が利用できるように資質の向上を図っております。

CT画像

治療にあたってはCT画像を利用して、治療計画装置にて治療範囲を放射線治療医、放射線治療技師で作成します。
鎮静下での放射線照射時は、生体モニター及び監視カメラを利用し、医師、看護師、診療放射線技師の複数人で、こどもの状態に目を配っています。

ページトップへ