代表:045-711-2351

【月~金曜日(祝祭日を除く)9時~17時】

お問合せサイトマップ

各診療部門の紹介

臨床心理室

小児がんの治療には、様々な形のストレスが伴います。そうすると不安な気持が続くので自然に誰かに『思い』をを聞いてもらったり、一緒に遊んで気分転換をすることを望む気持ちがわいて来ます。そんな自然な気持ちに寄り添ってお付き合いさせて頂くのが私たち臨床心理士の仕事と考えています。

臨床心理室イメージ1

具体的にお手伝いできること

・お子様の入院や治療に伴う不安やストレスが軽減されるように寄添います。
・一人ひとりがその子なりに治療に向き合える心の準備のお手伝いをします。
・治療等に伴う発達のつまづきや対応について、検査を通してご相談に乗ります。
・お子様の疾病に関するご家族の『心配事』をお聞きして一緒に考えます。

臨床心理士のできること

上記のお手伝いを具体的に行っていくうえで、臨床心理士はお医者さんが得意としているお薬の処方や、手術といった手段は残念ながら持ち合わせていません。
けれども治療スタッフの一員として、お子様やご家族の目線を大事にしながら、お時間を取って落ち着いた雰囲気の中でお子様と一緒に遊んだりお話をじっくり聴いたりして、お子様が元来持っている困難を乗り越える力を発揮できるように支援する事を目指しています。
また、いろいろな心理検査を通じてお子様のことをよく知り、今後の支援に役立てていただくアドバイスを差し上げたり、ご家族のご心配なお気持ちを伺って少しでも気持ちが軽くなるようにお役に立ちたいと考えています。

臨床心理室イメージ2

心がけていること

治療スタッフの一員として、小児がんと言う病気のことをよく知っていないとお役に立てません。日々周囲の職員に教わったり、研修に参加したりしながら理解を深めるとともに、他職種でチームを組んでお手伝いできるという当センターの良さを最大限生かして、意見交換を積極的にしながらよりよい支援を探っていきます。

臨床心理士の動き

基本的に私たちの業務は、各診療科医師からの依頼に応じて対応が始まります。ご相談をご希望の方は、まずは各診療科医師にご連絡ください。

臨床心理室イメージ3
ページトップへ