代表:045-711-2351

【月~金曜日(祝祭日を除く)9時~17時】

お問合せサイトマップ

各診療部門の紹介

医療情報管理室

がん登録とは

がん対策を進めるために「がん登録」という制度が始まりました。がん患者さんが日本のどこにどれ位の人数がいて、どの様な経過をたどり、最終的にどうなったのかを把握するための唯一の方法とされています。

がん対策推進のためには正確ながんの実態把握が必要で、その中心的な役割を果たすのが「がん登録」です。罹患率、生存率、治療効果の把握などこれまでも国や都道県でのがん対策に活かされて来ました。

しかしこれまでのがん登録では、小児がん患者の登録数が少なく正確な小児がんの実態把握は難しい状況でした。平成25年小児がん対策として国内15の小児がん拠点病院を指定した際に、専任の職員を配置してがん登録を行なうことを義務付けています。さらに、平成28年1月からは国内の全ての病院でがん登録が義務化(がん登録等の推進に関する法律の施行)されています。

こども医療センターでのがん登録

当院では平成25年に厚生労働省から小児がん拠点病院の指定を受けて、がん登録を開始しました。こども医療センターでがんと診断された方とがんの治療を受けた方を対象に、医療情報管理室の診療情報管理士ががん登録を行なっています。

全国統一基準に沿って、全診療科のがんに関する情報を収集し登録をします。対象になるのは年間80名ほどの患者さんで、がんの種類や性状(組織型)、治療内容(抗がん剤による化学療法、手術、放射線治療)などを電子カルテから収集し登録を行ないます。登録は個人情報を扱いますので、個人情報保護には細心の注意を払っています。また医学的な専門知識を要する項目も多く、小児がんセンターの医師の協力を得て精度の高い登録内容となるように努めています。登録結果は一年ごとにまとめ、神奈川県や国立がん研究センターへ提出します。

スタッフ

  • 渡辺 美貴

    渡辺 美貴

ページトップへ