医療関係者の方へ

横浜市立大学との連携協定

連携大学院制度の利用

 当センターは、県内全域を所管する小児医療の中核施設であり、特に子供の先天性疾患、難治疾患については豊富な臨床症例を持っていますが、当センターに蓄積され、また、日々発生している症例を、広く臨床症例として位置づけ、各医療系大学等と連携して解決すべき課題が極めて多くなっております。
 そこで、医療系大学と連携することにより、小児医療についての研究、治療の前進、人材の育成に効果的に取り組む体制を作ることが必要となっていることから、連携大学院制度を利用し、今後研究活動の推進及び医療活動の充実を図ってまいります。

【連携大学院制度】
 大学と研究所等が組織的・継続的に連携する仕組みであり、一定の目的の下に協定を締結し、人的交流、教育・試験研究等を行う制度

横浜市立大学との連携

横浜市立大学 当センターと横浜市立大学は、平成23年12月6日に教育研究についての連携・協力に関する協定を締結いたしました。主な連携内容は次のとおりです。

  1. 当センター医師が市立大学大学院医学研究科の客員教授として兼務し、学生の教育・指導を行う。
  2. 市立大学大学院医学研究科の研究生が当センターの研修医等として現場の豊富な症例に接する。
  3. 当センター研修医等が市立大学大学院生として研修し必要な単位を履修し、論文作成及び教授会審査により、学位が授与される。

PAGE TOP