お知らせ一覧

レジオネラおよび薬剤耐性菌対策について(第7報)

1 レジオネラ属菌対策について

 当センターでは、レジオネラ属菌検出に係る抜本的な対策として、保健所からの指導などに従い緊急対策工事に取り組み、10月14日に全ての工事が完了しています。現在は、新たな給湯設備により安全なお湯の使用が可能となっております。

今後の取組み

 レジオネラ属菌の発生を防止するため、循環式給湯設備等の計画的な点検・清掃など、関連設備の維持管理等を適切に実施してまいります。
ア 設備の管理
 保健所の指針に基づき、年2回程度の点検、年1回程度の分解清掃など、水質管理計画を定めて、計画的に関連設備の維持管理を行ってまいります。
イ 設備の改修
 使用頻度が少ない給湯栓等について、必要性を精査したうえで順次撤去するなど、継続的に設備の改修を進めてまいります。

2 薬剤耐性菌(カルパペネム耐性腸内細菌科細菌)対策について

 令和2年4月より、複数の患者からCREの保菌が確認されたため、対策を行ってきましたが、令和3年11月25日に横浜市南福祉保健センターによる現地調査が行われ、院内での感染防止対策の実施状況等を踏まえ、このたびのCRE感染は収束したことが確認されました。

今後の取組み

 今後とも、持ち込み等を契機とする院内感染の再発を防止するため、以下の取組を継続的に実施してまいります。
ア 他院からの転院患者に対するスクリーニング検査
イ 集中治療病棟の入院患者に対するスクリーニング検査
ウ 保菌が判明した患者と接触を避けるための隔離
エ 院内感染の予防のための手指衛生の徹底
オ 院内の感染制御チームと各診療科をつなぐリンクドクターの設置

3 調査検証委員会について

 当センターにおけるレジオネラ肺炎発症等について、医療提供や感染対策、施設管理に係る検証や再発防止対策を提言するため、調査検証委員会が設置され、これまで4回開催してきました。
 現在の委員会の開催状況は次のとおりです。
 第1回委員会 令和3年 6月 3日開催
 第2回委員会 令和3年 7月12日開催
 第3回委員会 令和3年10月1日開催
 第4回委員会 令和3年10月22日開催
 第5回委員会 令和4年 1月17日(開催予定)

 第5回委員会を令和4年1月17日に開催する予定で、委員会での検証結果については、報告書としてとりまとめて公表する予定です。

2021年12月24日
こども医療センター総長

過去のお知らせ(別ウィンドウで開きます)

PAGE TOP