診療科・局・施設のご案内

泌尿器科

主な取り扱い疾患

 水腎症・尿路感染症・膀胱尿管逆流症・停留精巣・陰嚢水腫・尿道下裂・夜尿症・尿失禁(排尿障害)・二分脊椎症・こどもの包茎、他

泌尿器科の特色

 小児泌尿器科とはお子様の腎臓・膀胱を中心とした尿路、および外陰部・生殖器の異常に対して、内科的・外科的治療を行うことを専門とする泌尿器科です。これらの疾患の原因としては先天的なものと、生まれてから生じるものがあります。よくご相談を受ける病気としては、停留精巣・陰嚢水腫・尿道下裂・水腎症・尿路感染症・膀胱尿管逆流症・夜尿症・尿失禁(排尿障害)・二分脊椎症・こどもの包茎などがあります。詳細については当科のホームページを参照してください。

当科の特徴

  1. 手術症例が多い。(図1)
    当科は年間約400例の小児泌尿器手術を行う国内でも症例数の豊富な小児泌尿器の専門診療科です。
  2. 入院期間が短い:平均3日以内(図2)
    手術入院では安全を最重視しますが、お子さんが自宅に早く戻れるように術式や管理法を工夫し、日帰り手術・短期入院を実現しています。
    停留精巣手術(原則日帰り)、尿道下裂手術・水腎症手術・膀胱尿管逆流手術は2泊3日です。
  3. 小切開・低侵襲手術
    乳児の水腎症では2012年より内視鏡補助下の小切開手術を導入しています。また年長児の水腎症や膀胱尿管逆流症の手術では腹腔鏡手術も採用しており、手術の傷はできるだけ小さく、目立たないようにしています。
  4. お子さんにやさしい術後の工夫をしています。
    • 乳幼児の水腎症手術では尿の漏れを防ぐためステントと呼ばれるチューブを手術時に留置するのが一般的ですが、チューブを抜くために再度全身麻酔が必要になります。当科ではチューブを留置しないで安全に手術ができるように術後管理を工夫しています。
    • 尿道下裂の手術では術後1週間以上入院させ、お子さんをベッド上で抑制する病院が少なくありません。当科では術後原則としてお子さんの抑制は行いません。術後2日で自宅に戻っても合併症が起きにくいように術式を細部まで見直しています。
    • 膀胱尿管逆流の手術では小切開手術、術後の血尿や傷の目立たない気膀胱手術、日帰り可能なデフラックス注入手術を行っています。お子さんの状態とご家族のご希望も考慮して最適な方法を提示しています。
  5. 特殊な再建手術を行います。
    当科では300名を超える二分脊椎症患者さんを外来で診ております。また稀な疾患としては総排泄腔外反症などのお子さんも外科と一緒に診ております。これらの患者さんの中には尿路感染で発熱を繰り返したり、尿漏れ・便漏れで学校生活に支障を来しているお子さんが少なくありません。二分脊椎の患者さんの尿失禁防止手術・洗腸路造設手術、膀胱の先天異常・腫瘍に対する膀胱再建手術、外傷性尿道断裂後の再建手術など通常の泌尿器科では対応しない再建手術を数多く行っています。

泌尿器科部長:山崎雄一郎

図1 手術件数
図1 手術件数

図2 全手術平均入院日数
図2 全手術平均入院日数

PAGE TOP