診療科・局・施設のご案内

神経内科

診療科紹介

  • 小児期に生じる、ほぼすべての神経疾患、筋疾患に対応しています。新患は院外からの紹介・院内からの依頼を合わせ年間約600件です。外来総延べ受診数は年間約13,000件で当院の診療科の中で最多、また国内の小児の神経内科でも最多クラスです。
  • MRI検査は1.5Tおよび3Tの2台態勢で、通常の撮像条件のほか、MR spectroscopyやSWIなどの特殊な撮影方法もルーチンで行っています。また、夜間を含めた緊急のMRI検査にも応需しています。脳波検査(年間1,800件)、神経伝導速度、筋電図、視覚誘発電位、脳幹聴性反応などの生理検査を行うことができます。
  • 各種神経疾患に対する遺伝子検査、線維芽細胞の培養を行うことができます。また、小児希少・未診断疾患イニシアチブ(慶應義塾大学・成育医療センター)、横浜市立大学医学部遺伝学教室、当院遺伝科と協働して、最新の遺伝学的検査方法を用い、原因不明の神経疾患の解明に努めています。
  • 代謝疾患やてんかんに対する治験を行っています。
  • 日本小児神経学会専門医研修施設、日本てんかん学会専門医研修施設に認定されています。
  • このほか、神経内科の特色については下記の神経内科のホームページをご参照ください。

対象疾患

  • 一般小児科領域における神経疾患から急性脳症に代表される急性疾患、てんかんなどの発作性疾患、脳性麻痺、先天性中枢神経形成異常症、希少な神経・筋・変性・代謝疾患(筋ジストロフィー、ミトコンドリア異常症など)、免疫性神経疾患(急性散在性脳脊髄炎、ギラン・バレー症候群、多発性硬化症、重症筋無力症など)、そして重症心身障害児(者)医療まで、非常に幅広い小児神経疾患に対し、専門的な医療を行っています。

医療連携について:ご紹介いただく先生方へ

  • 小児期の、神経症状を呈する患者さんをご紹介ください。
  • 地域医療連携室に紹介状をお送りください。症状や病状と合わせ、患者さんと相談して受診日程を決めます。
  • 現在、ご紹介いただいてから受診まで、1~2週間程度です。
  • 至急性のある場合(例えば、点頭てんかんや脳炎・脳症、ギラン・バレー症候群など、診断や治療を急いだ方がよい疾患が疑われる場合)は、ぜひ神経内科医師まで、直接お電話でご相談ください。必要に応じて予約外の外来診察や転院を手配いたします。
  • セカンドオピニオン目的の受診にも積極的に対応しております。
  • 診断がつき、加療を開始して病状が安定した患者さんの場合(特に遠方から受診しておられるようなケース)、ご紹介元に今後のフォローをお願いすることがあります。

スタッフ

後藤 知英 部長(診療科長)、小児神経専門医・指導医、小児科専門医・指導医
日本小児神経学会評議員、日本てんかん学会評議員
市川 和志 医長、小児神経専門医、小児科専門医
露崎 悠 医長、小児神経専門医、小児科専門医、PALSインストラクター
成 健史 専門研修医、小児科専門医
山本 亜矢子 専門研修医、小児科専門医
熊木 達郎 専門研修医、小児科専門医
井合 瑞江 重症心身障害児施設長(神経内科兼務)、小児神経専門医
小児科専門医、日本重症心身障害児学会評議員
辻 恵 重症心身障害児施設医務課長(神経内科兼務)
小児神経専門医、小児科専門医
山下 純正 総長(神経内科兼務)、小児神経専門医、てんかん専門医・指導医
小児科専門医、日本小児神経学会評議員、日本神経病理学会評議員
日本てんかん学会評議員

ボツリヌス療法外来について

  • ボツリヌストキシンを使用した、筋の緊張緩和治療を行っております。毎月第1と第3週の水曜日の午後に行っています。詳しくは神経内科のホームページをご覧ください。

関連リンク

  • ATR-X症候群 ネットワークジャパン
    ATR-X(X連鎖αサラセミア・精神遅滞)症候群と診断された患者の皆さんやご家族、そして、患者さんに関わる医療従事者のための情報交換の場となることを目的としたページです。
  • 先天性白質形成不全症について
    検査科、遺伝科と共同で保険診療としての診断を行っております。詳しくは神経内科のホームページをご覧ください。

PAGE TOP