診療科・局・施設のご案内

神経内科

対象疾患

 小児期に生じる、ほぼすべての神経、筋疾患に対応しています。
 てんかん、発達障害、脳性麻痺、神経筋疾患、変性疾患、急性脳症、免疫性神経疾患(ギラン・バレー症候群、慢性炎症性脱髄性多発ニューロパチー、多発性硬化症、重症筋無力症等)、ミトコンドリア異常、中枢神経形成異常、他

神経内科の特色

 神経内科の特色については、次の神経内科ホームページをご覧ください。

診療内容

 安全性を重視し、包括的な、神経科学に基づく診断・治療を基本としています。
 お子様の病気は、家族全体の生活に長期間影響を与え、病院以外のサポートも重要になります。病気の正確な診断と、予後の見通しを持つことが大切です。また他科及びコ・メディカル部門との連携により包括医療を行い、訪問ナース・ステーションと連携し在宅医療を支援しています。年間の外来新患は600-700名、再来患者延べ数は11000名前後です。

 難治性稀少疾患の診断・治療・臨床研究に取り組んでいます。
 小児期の神経筋疾患には、診断・治療の困難な多数の遺伝性疾患が存在します。CT、MRI(3テスラ)、MRAによる画像診断、MRS、定量的MRS解析、脳波、筋電図、誘発電位など生理学的検査、組織診断(電顕・光顕)、生化学的、遺伝学的診断を通じて、これらの診断および治療に取り組んでいます。

スタッフ

 山下純正・井合瑞江・後藤知英・市川和志・辻恵・露崎悠は日本小児神経学会専門医です。

山下純正 病院長、日本小児神経学会評議員、日本てんかん学会認定医、日本神経病理学会評議員
井合瑞江 重症心身障害児施設長、日本重症心身障害児学会評議員、神経内科兼務、日本小児神経学会専門医
後藤知英 神経内科科長、日本小児神経学会評議員
市川和志 小児神経学会専門医
辻 恵 小児神経学会専門医
露崎 悠 小児神経学会専門医、PALS instructor

 他に専門研修医3名、臨床研究所研究員1名。

ボトックス治療外来について

 ボツリヌストキシンを使用した、筋の緊張緩和治療を行っております。毎月第1・3水曜日の午後に行っています。詳しくは神経内科のホームページをご覧ください。

ATR-X症候群 ネットワークジャパン について

 ATR-X(X連鎖αサラセミア・精神遅滞)症候群と診断された患者の皆さんやご家族、そして、患者さんに関わる医療従事者のための情報交換の場となることを目的としたページです。こちら(外部リンク)からお入りください。

先天性白質形成不全症について

 検査科、遺伝科と共同で保険診療としての診断を行っております。詳しくは神経内科のホームページをご覧ください。

PAGE TOP