診療科・局・施設のご案内

医療安全管理体制

 医療安全推進室を中心に、各セクションのリスクマネージャー(医療安全推進担当者)が連携をはかり、医療安全管理会議やセクションリスクマネージャー会議を活用し、安全な医療の提供に取り組みます。

医療安全管理指針

本指針の目的

 本指針は、神奈川県立こども医療センター(以下「センター」とする)における医療安全管理体制の確立、医療安全管理のための具体的方針及び医療事故発生時の対応方法等について指針を示すことにより、適切な医療安全管理を推進し、安全な医療の提供に資することを目的とします。

基本的な考え方

 安全で質の高い医療を提供することは、全ての医療従事者の責務です。センター職員一人ひとりが、医療安全の必要性・重要性を自分自身の課題とし、最大限の注 意を払いながら日々の医療に従事しなければなりません。
 センターの基本理念に基づき、患者の安全を最優先した医療を提供し、危険予知と予防に努め、事故発生時は事実を究明し改善に努め、質の高い医療を安全に提供できるよう努めます。

組織及び体制

 医療安全対策と患者の安全確保を推進するために、本指針に基づき以下の役職及び組織等を設置しています。

  1. 医療安全推進室
  2. 医療安全管理者
  3. 医薬品安全管理責任者
  4. 医療機器安全管理責任者
  5. 医療安全管理会議
  6. セクションリスクマネージャー会議
  7. 事故調査委員会
  8. 院内医療事故調査委員会

職員研修の基本指針

 全職員対象に、医療安全に関する基本的な考え方及び具体的方法について、職員への周知徹底を図るために研修会を開催し、医療安全に関する意識の向上を図ります。医療安全のための職員研修の方法等については、医療安全管理会議にて検討し立案・評価します。

事故報告書等の医療安全確保を目的とした改善方針

  1. ヒヤリ・ハット事例、アクシデント事例、有害事象・合併症等の報告は、重大事故につながる潜在的な事故発生要因を把握し、これによって医療事故等の発生を未然に防ぐとともに、発生した医療事故等に対する適切な対応を図り、有効な再発予防策を策定します。
  2. ヒヤリ・ハット又はアクシデントの定義およびレベルについては神奈川県立病院機構共通のものとします。
  3. 職員はヒヤリ・ハット又はアクシデント・合併症発生時は、ヒヤリ・ハット報告システムまたは、報告書により速やかに医療安全推進室に報告します。
  4. 医療安全推進室は、報告されたヒヤリ・ハット又はアクシデントの内容により、医療安全管理会議やセクションリスクマネージャー会議、小委員会等で、分析・検討し対策を立案します。必要に応じて各セクションに速やかに周知します。
  5. 医療安全管理者は、医療事故等の防止のために事故分析・検討結果及び改善策を総長、病院長、診療会議に定期的に報告をします。
  6. 管理者会議メンバーやセクションリスクマネージャー等は、ヒヤリ・ハット又はアクシデントの集計画面を閲覧できます。
  7. 医療安全管理マニュアルは適宜改正し、医療安全管理会議にて承認し、各セクションに速やかに周知します。

アクシデント発生時の対応に関する基本方針

 医療側の過失によるか否かを問わず、患者に望ましくない事象が生じた場合には、病院内の総力を結集し、患者の救命と被害の拡大防止に全力を尽くします。

患者等に対する当該指針の閲覧に関する基本方針

 指針はこども医療センターホームページ上に掲載し、常に閲覧可能としています。内容改訂時には掲載内容を速やかに更新します。

患者からの相談への対応に関する基本方針

 患者からの相談は、地域連携・家族支援局の相談窓口としますが、医療安全に係るものについては医療安全推進室にて引き継ぎ、相談部門と連携して対応します。

(平成30年10月1日改訂)

医療安全推進室

構成

 室長(医師・兼務)、副事務局長(兼務)、専任医療安全管理者、医師2名(兼務)、看護科長2名(兼務)、臨床工学士1名(兼務)、薬剤師1名(兼務)、管理栄養士1名(兼務)、事務担当1名(兼務)

役割

 医療安全に関わるルールを整え、情報収集や情報発信を行い、各セクションのリスクマネージャーの活動を支え、組織横断的に医療の安全性や質の向上を図ります。

活動

  1. 各部門・部署のリスクマネージャーとの連携
  2. 医療事故等発生時の対応と情報収集
  3. 医療事故等防止対策の運用状況評価
  4. 医療安全に対する相談と助言
  5. ヒヤリ・ハット、アクシデントレポートの集計と分析
  6. 医療安全に関する研修会の企画と実施
  7. 事故調査委員会への参加
  8. 紛争事案調整への参加
  9. 院内感染防止対策の推進
  10. 医療安全管理会議の事務局
  11. 関係省庁への書類作成と報告

専任医療安全管理者

 医療安全管理者は総長、病院長の指示を受け、セクションリスクマネージャーを支援し、特定の部門ではなく、センター全体の医療安全管理のため組織横断的に活動します。

医療安全推進担当者(セクションリスクマネージャー)

 所属セクションの日常業務を行いながら、医療安全管理に取り組み、ヒヤリ・ハット、アクシデントの要因分析や改善策の立案・実施を行います。各セクションに1名のリスクマネージャーが配置されています。

PAGE TOP