診療科・局・施設のご案内

感染対策の考え方と体制

感染対策の基本的な考え方

  • 私たち医療従事者は、院内感染の発生を最低限に抑え、安全で質の高い医療を提供することが責務です。
  • 私たち医療従事者は、標準予防策を根幹とする院内感染予防策を常に実行するよう心がけています。それが患者さんと私たち自身を守ることになります。
  • 私たち医療従事者は、院内で発生した感染症に迅速に対応し、流行を防ぎます。
  • 私たち医療従事者は、院内研修や病棟ラウンドを通じて、院内感染対策の教育に努めます。
  • 私たち医療従事者は、新生児・小児期特有の感染症や免疫能の未熟さや、患者さん自らが感染予防策を行うことが難しいことなど、こどもの特質を理解して院内感染対策を行います。
  • 私たち医療従事者は、院内感染予防のためのご協力を患者さんおよびご家族に働きかけます。その際は、患者さんおよびご家族に十分な説明を行い、不安を与えないように努めます。
  • 私たち医療従事者は、自身の健康にも留意します。定期健康診断や必要な予防接種を受けるとともに、汚染事故(針刺し事故等)防止にも努めます。

組織および体制

 院内感染対策を進めるための組織があります。

  • 院内感染対策会議Infection control council(ICC)
    院内感染発生状況や細菌・ウイルスなどの分離状況、抗生剤使用状況等の把握と対策立案です。センターに必要な感染対策の方針を決定します。
  • 感染制御チームInfection control team(ICT)
    センター内の情報を収集し、必要な感染対策を協議してICCに提案・提出します。
  • 感染対策リンクナース会議
    感染対策に関する問題提起と決定事項の推進活動を行います。
  • 感染制御室
    院内と院外の感染に関する情報を把握するとともに、当院に必要な様々な感染対策の推進の中心を担っています。

センターを利用するときのお願い

  • 咳がある時はマスクの着用をお願いします。
  • 感染力のつよい感染症(水痘・はしか・風疹・おたふくかぜ・インフルエンザなど)にかかったお友だちと遊んだなど、接触がある時は事前にご連絡をお願いします。
  • 発疹がある場合などほかの患者さんにうつるかもしれない感染症の可能性がある時は、別のお部屋で診察をする場合があります。
  • いろんな場面で、はしか・風疹・水痘・おたふくかぜにかかったことがあるか、ワクチンを接種しているかについて母子手帳で確認します。
  • 面会の際は、健康状態についていくつか確認します。(発熱はないか,発疹はないか,下痢やおう吐はないか,長引くお咳はないか,ピリピリする痛みはないかなど)

 感染症の持ち込み防止と院内での拡大防止にご協力をお願いします。

感染症に関する情報

ワクチンに関する情報

PAGE TOP