診療科・局・施設のご案内

臨床研究所

病態機能解析研究部門

部門長 田中 祐吉 Yukichi TANAKA M.D., Ph.D.
非常勤研究員 新保 裕子 Hiroko SHIMBO

研究領域

  1. 内分泌代謝研究室
     当研究室の目標は、①分子遺伝学的手法を用いた小児内分泌疾患の病態解明 ②質量分析機器を用いた先天性内分泌代謝疾患の診断・治療技術の向上 ③内分泌疾患の長期予後の調査研究の3つです。
     ①に関して、慶應義塾大学医学部小児科・内分泌代謝グループ、成育医療研究センター研究所・分子内分泌研究部との共同研究を通じて、新規病因遺伝子の発見などの成果を挙げました。また文部科学省科研費の課題として、「小児褐色細胞腫/パラガングリオーマの発症機序の解明」を実施しています。
     ②に関して新生児マススクリーニングでみつかった先天代謝異常症患者の診断・フォローのみならず、血中ステロイドの一斉分析、ファブリー病の診断法の開発などを行いました。
     ③に関してダウン症患者の甲状腺機能の経年的変化(慶應義塾大学連携大学院生の研究課題)・小児がん経験者の長期内分泌代謝合併症(東邦大学社会人大学院生の研究課題)・ターナー症候群や21水酸化酵素欠損症患者の長期予後を検討中です。
    (室谷 浩二)

  2. 病態生化学研究室
     エクソーム解析を中心としたゲノム解析の急速な進歩で、多くの小児疾患は原因遺伝子が同定されました。しかしながら遺伝子変異から蛋白機能異常・細胞機能障害を経て疾患が発現するプロセスは、多くの疾患で未解明の分野です。このプロセスを病態研究の観点から移植・再生医療を中心とした治療を目指すのが当部門の目標です。そのためには病態解析のための方法論と、治療するための方法論をともに確立する必要があります。実際の臨床からアイディアを得て、基礎医学の最先端と協力し再び臨床に還元するFrom bedside to bench/form bench to bedsideを目標とします。
    ①神経内科領域
     クレアチン代謝異常症・グルコース代謝異常症・高ホモシステイン血症・銅代謝異常症(メンケス病・ウィルソン病)・ペルオキシソーム病の副腎白質ジストロフィー・ビタミンB6依存性てんかん・ペリツェウス・メルツバッハー病(PMD)・X連鎖αサラセミア・知的障害症候群(ATR-X)、およびミトコンドリア病等の遺伝子解析を行っています。原因遺伝子を特定することで、根本的な治療につながった症例も数多くあります。また病態解明や治療薬探索のため、他施設との共同研究で疾患モデル細胞を用いた研究も進めています。
     知的障害疾患の中で比較的多いといわれるクレアチン代謝異常症は、脳内のクレアチン欠乏をきたし、知的障害・言語発達遅滞・てんかん・自閉症・錐体外路症状を特徴とします。クレアチン合成に関わるグアニジノ酢酸メチル基転移酵素(GAMT)欠損症・アルギニン・グリシンアミジノ基転移酵素(AGAT)欠損症・クレアチンを脳に運ぶクレアチントランスポーター(SLC6A8)欠損症の3疾患が知られています。磁気共鳴スペクトル装置(MRS)による脳内クレアチン値の低下で診断されますが、尿中のグアニジノ化合物(特にクレアチン/クレアチニン比、グアニジノ酢酸/クレアチニン比)測定も、原因遺伝子を特定する手掛かりを得るために重要です。当研究室では、2011年に高速液体クロマトグラフィー(HPLC)を用いた尿中のクレアチン・クレアチニン・グアニジノ酢酸の簡便な測定を開発し、尿のスクリーニングと確定診断のために遺伝学的検査も行います。また、病態解明や治療薬探索のため、他施設との共同研究で疾患モデル細胞を用いた研究も進めています。
    ②脳神経外科領域
     頭蓋縫合早期癒合症における系統的遺伝子検索を行います。頭蓋縫合早期癒合症は1/2,000-2,500人に発症し、そのうちの20 %は遺伝性疾患です。遺伝子変異の多くはFGFR2に認められ、Crouzon症候群・Apert症候群・Pfeiffer症候群の原因となります。その他に、FGFR3変異によるMuenke症候群・TWIST1変異によるSaethre-Chotzen症候群などが知られます。2008年から解析を始め、2018年3月までに約50症例について変異を見出しました。
    (新保 裕子)

  3. 免疫学研究室
     当研究室は主に気道粘液・便粘液の細胞成分・上清成分を用い、喘息や乳児早期のミルク誘発性腸炎など各種アレルギー疾患の病態研究を行っています。同時に血清成分の凍結保存と検体の管理をし、マイクロプレートローダーでELISAを行う環境が整備されています。
    (高増 哲也、鹿間 芳明)

PAGE TOP