診療科・局・施設のご案内

肢体不自由児施設 活動報告(平成30年9月)

肢体不自由児施設のページに戻る

雑貨2

夏休みも終わり、肢体の子ども達に日常が戻ってきました。
学校やリハビリも始まりました。
南養護学校の始業式は、9月3日(月)からです。
毎朝、先生が迎えに来てくれるのを、整列して待っています。
肢体不自由児施設 始業式
金曜日の朝の様子です。
この日は新しいお友だち紹介や、退所が決まった児童の退所式などを行っています。
肢体不自由児施設 看護より表彰状が授与されます
看護より表彰状が授与されます
肢体不自由児施設 全員集合
全員集合
肢体不自由児施設 学校の先生よりお祝いのコメントをいただきます
学校の先生よりお祝いのコメントをいただきます
9月6・7日に関東甲信越静肢体不自由児施設・療育研究会・看護管理者会が横浜市中区にあるワークピア横浜で行われました。
今年は担当施設だったので、一年前から準備をしていました。

肢体不自由児施設 関東甲信越静肢体不自由児施設・療育研究会・看護管理者会1
肢体不自由児施設 関東甲信越静肢体不自由児施設・療育研究会・看護管理者会2
当施設からは、看護・理学療法・支援課発表がありました。
そして、教育講演「医療的ケアを「必要とする小児への栄養管理」について神奈川県立こども医療センター アレルギー科医長 高増 哲也先生のお話もありました。
肢体不自由児施設 イラスト
そして、月末には授業参観がありました。小学生は、家族が来るのを楽しみにしています。
中学生は「来なくていい!」とつれない返事というわけで、職員(家族に代わって)が参観して、理科や音楽、国語を見学・参加してきまた。

こどもたち2

肢体不自由児施設のページに戻る

PAGE TOP